重要なお知らせ 新型コロナウイルス感染拡大にともなう電話問い合わせについて

金属部品専門商社S社 社外にあるPCのセキュリティがどうなっているのか
すぐに報告しろ!この難題を救ったツールとは

解決

解決のポイント

  • クラウド型のIT資産管理ツールの導入により、PC管理とセキュリティ状況の確認をワンクリックで実現

  • 社内ネットワーク接続時に検疫を行い、条件を満たしたセキュアなPCのみ接続可能を自動的に実現

  • プロの知見が入ったセキュリティ状況のレポートが月一回発行され、課題も明確

情シスのスタッフが、展示会ブースでサイバネットシステムから話しを聞いた「サイバネットクラウド」について、S社のリスク診断を依頼。サイバネットシステムの担当者からS社が必要な改善ポイント、クラウドの活用メリットを提案され、検討の結果、サイバネットクラウドへリプレイスをした。

リプレイスしたサービスは、面倒な設定や作業は不要

サイバネットシステムの方で、導入準備からPC管理とセキュリティ状況の確認に必要な各種設定、運用を支援してくれるので、今まで後回しにしていたセキュリティ状況をWebコンソールにログイン後、ワンクリックで確認することができ、S社のリソースをかけずに実現できるサービスとなった。

まず全社PCから情報収集を行い、セキュリティ状況の確認に進んだ。クラウド形式のためインターネットに接続されていれば支店や拠点のPCやサーバーのセキュリティ状況も確認できた。その結果、本社以外のPCがWindowsや主要アプリのアップデートに対応できていないことが判明。すぐにサイバネットクラウドのエージェントがセキュリティ警告を自動的に行い、今まで1週間かかかっていた必要なアプリケーションの配布を、わずか2日で実現できた。

セキュリティへの意識が急上昇!思わぬ成果に経営陣も大満足

また経営陣が恐れていたウィルス感染についても、同業他社でウィルス感染源となった営業マンの持ち出しPCに、セキュアなPCのみ社内ネットワークに接続できる検疫のオプションを入れることで解決できた。この仕組みは、セキュリティレベルを自動的に保つことができるので、営業マンや情シス担当者の手間を大幅に省くことが可能になった。

もうひとつの指示であったセキュリティ状況のレポートについても、サイバネットクラウドで発行されるセキュリティアドバイスレポートを活用し、情シス担当者が的確にセキュリティ対策を行える環境となり、セキュリティに対する意識が高まった。また、このレポートによってS社のセキュリティに関する課題がより明確になり、経営陣から大変好評を得た。
S社が今後導入するスマホのセキュリティ管理も、このシステムを使ってPCと同様に実施する予定だ。


この課題に使用したソリューションはこちら
サイバネットクラウド