重要なお知らせ 新型コロナウイルス感染拡大にともなう電話問い合わせについて

導入事例:吉川運輸株式会社さま クラウドによる導入の容易性と初期コストの抑制が決め手
サイバネットクラウド「PC&モバイル管理サービス」を導入しPCをリアルタイムで“見える化”

PC&モバイル管理サービスの導入によって、より信頼性の高いITインフラ環境の実現に向け、大きく前進できました
吉川運輸株式会社 取締役 経営企画管理部 部長 吉川浩平氏(右)、営業課 課長 三田恭啓氏(左)
POINT
  • 東日本エリアの各拠点のPCの情報をリアルタイムで自動取得でき、詳細な資産管理を実現
  • リモートコントロール機能により、PCのトラブル発生時にも迅速な対処が可能に

吉川運輸の事業概要

東日本エリアをメインに共同配送・貸切便・定期配送といった物流配送事業を展開する吉川運輸株式会社(以下、同社)。全21営業所と500台以上のトラックを保有し、1957年の会社設立から手掛けてきた精密機器運送の経験を強みに、高品質な物流サービスを提供している。

同社はサイバネットシステム株式会社(以下、サイバネット)が提供するクラウド型IT資産管理・セキュリティ対策ソリューション サイバネットクラウド「PC&モバイル管理サービス」を導入し、PCの資産管理と迅速なトラブル対応が可能な基盤を実現した。クラウドサービスとして提供されるPC&モバイル管理サービスの導入にはどのような背景があったのか。そして、同サービスはどのように活用され、どんな効果をもたらしているのか。同社取締役 経営企画管理部 部長の吉川浩平氏、営業課 課長 三田恭啓氏、GHコンサルティング株式会社 Executive Officerの首藤 欣時氏にお話を伺った。

本社/各拠点に設置されたPCの状態可視化が急務 課題解決に向けIT資産管理ツールの導入を決定

同社では本社のほか、各営業拠点にPCを配布し、日常業務のほか、取引先と荷物の入荷・出荷などのデータのやり取りを行っている。そこで課題として浮上していたのが、日々、利用されている150台以上のPCの詳細な資産管理だった。

これまで同社では専任の情報システム担当者がひとりで社内のIT基盤をサポートしており、その一環としてPCの管理も行っていた。「しかし、担当者は日々の業務に忙しく、OSの種類やセキュリティソフトの適用状況など、詳細なPCの管理まで手を回せていませんでした。それらの管理は各営業所が行っており、本社側で統轄管理ができていなかったのです」と、三田氏は振り返る。

吉川氏も「今後、ますますセキュリティやコンプライアンスが企業に求められる中、PCに関するリスクも可能な限り排除していかなければなりません。そうしたことから、PCの資産管理の徹底が急務の課題となっていたのです」と強調する。

PCにトラブルが発生した際の対応も課題だった。三田氏は、「PCに障害が発生した時には電話で情報システム担当者に連絡が入るのですが、そこで解決しない場合は現地に赴いて対応を行っていました。時には名古屋や秋田の拠点まで車で駆けつけることもありました」と振り返る。

これらの課題を解決するために、同社のIT環境の改善を全般的に請け負っていたGHコンサルティング株式会社(以下、GHコンサルティング)の首藤氏にコンサルティングを依頼、IT資産管理ツールの導入に本格的に着手した。

クラウドによる導入の容易性を評価し、サイバネットクラウド「PC&モバイル管理サービス」を選択

IT資産管理ツールの導入にあたって首藤氏は、以前より取引のあったサイバネットに提案を依頼する。サイバネットは“IT資産管理の窓口”というサービスを提供しており、複数のIT資産管理ツールから自社の要件に最適なツールを比較・選定・提案してくれるからだ。首藤氏は、「サイバネットは複数のIT資産管理ツールを提示しながら、こちらが掲げる要件に合致するものを一緒に検討してくれました」と振り返る。

サイバネットとともに複数のIT資産管理ツールを比較検討した結果、最終的に選択されたのが、サイバネットが提供・販売するクラウド型IT資産管理・セキュリティ対策ソリューション サイバネットクラウド「PC&モバイル管理サービス」だった。PC&モバイル管理サービスが選ばれた理由は、次の3点である。

@ IT資産管理に必要な機能を網羅

PC&モバイル管理サービスは、Windows/Mac PCやiOSなどのスマートデバイスといった、様々な端末の一元的な資産管理やセキュリティ対策を可能とするもの。管理対象のPCごとにハードウェアの構成情報やソフトウェアのインストール情報をリアルタイムに自動取得するほか、資産管理番号や社員番号、利用用途などの資産情報も入力できる。これらの情報を元に資産管理台帳も作成可能だ。また、WindowsやOffice製品などのセキュリティパッチの更新設定を常に自動に保てるほか、各PCの適応状況も容易に確認できる。
「また、ユーザー操作ログまでは必要なかったので、その分のコストを抑えられること、操作が分かりやすく、専任の担当者でなくとも十分に利用できることも評価ポイントとなりました」(三田氏)


【PC&モバイル管理サービスは、クラウド型でマルチデバイス管理を実現】

Aクラウドサービスによる導入の容易性

PC&モバイル管理サービスはクラウドサービスとして提供されるため、自社内に管理サーバーの設置や運用管理が不要だ。首藤氏は「クラウドサービスとして提供されることも、選択の大きな理由でした。クラウドであれば導入からリリースまでの時間を短縮できることに加え、導入コストも抑制できます。初めてIT資産管理ツールを導入するには最適と考えました」と説明する。

Bリモートコントロールによる遠隔サポートの実現

オプション機能により、本社内でLAN接続されているPCはもちろん、他の拠点や外出中の端末まで、インターネットに接続されているすべてのPCをリモート操作することが可能となる。この機能を活用することで、自席の端末から対象のPCをリモート操作できるため、何かトラブルが発生した場合でも現地に赴かず、対処できるようになる。

三田氏は「事前検証でこの機能を確認したのですが、外部からでもPCのトラブルをリアルタイムで修繕できることを体感でき、これであればサポートにかかる手間と時間を大幅に抑制できる、と期待しました」と評価する。


【リモートコントロール機能でPCの遠隔サポートを実現】