重要なお知らせ 新型コロナウイルス感染拡大にともなう電話問い合わせについて

Netskopeとは

業務の効率化や働き方改革推進を背景に、Office 365やGoogle Workspaceといったクラウドサービスを導入する企業が増えています。その一方で、企業のIT部門が許可していないクラウドサービスを、ユーザーが勝手に利用する“シャドーIT”も増加。機密情報や個人情報の社外持ち出しや情報流出など、セキュリティリスクが水面下で高まっています。

IT部門が管理・把握しているクラウドサービスや
Webアプリはわずか5%

日本でも、クラウドサービスを「既に利用中・今後利用を予定している」という企業は75%を超えています(※1)。しかし、IT部門が利用の実態を把握しているクラウドサービスはわずかに5%弱。95%以上が、IT部門の知らないところで利用されています(※2)。この状況をそのまま放置していれば、重要な情報がいつ流出、漏えいしてもおかしくありません。

※1:「総務省情報通信白書令和2年版」 https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/r02.html
※2:「Growth in cloud services usage in the enterprise」Average number of cloud services in use Netskope Cloud Report.2014-2017

情報漏えいを引き起こす!
クラウドサービスやインターネットの危険な利用ケース

USE CASE

  • リスクの高いシャドーITの利用が招く情報漏えい
  • ユーザーによる機密情報の勝手なアップロードと社外との共有
  • アップロードされているファイルに潜むマルウェアやランサムウェア
  • AWSなどIaaS環境の設定不備による脆弱性
  • BYODデバイスへの機密情報のダウンロード
  • マルウェア感染など、セキュリティリスクがあるWebサイトへのアクセス
  • VPN帯域不足を避けたSaaS、IaaSアプリケーションへの直接接続によるセキュリティリスク

このようなクラウドサービスやインターネット利用の問題を解決!
セキュアなクラウド・インターネット利用を
包括的に実現するソリューション

Netskopeは、クラウドサービス・Webアクセスの可視化・制御(CASB/次世代SWG)や、IaaS環境の監視・制御(CSPM)、SaaS・IaaS・オンプレミス環境へのセキュアなアクセス(ZTNA)などの機能を単一のプラットフォームでデータ保護する実現するSASE(Secure Access Service Edge、サッシー)ソリューションです。ユーザーの利便性を損なうことなく、あらゆる場所にあるデータの可視化・コントロール・データ保護・脅威防御という4つの機能で、企業のセキュリティ対策の強化を支援します。

Netskopeの主な機能・サービス

ユーザーの利便性はそのままで
セキュアなクラウドサービス活用を実現

CASE1
情報漏えいにつながる個人アカウントでのクラウドサービスの利用を制限

企業が導入しているクラウドサービスを、プライベートでも利用しているユーザーも少なくありません。この場合、個人のアカウントを使い、企業内の機密情報や個人情報が社外に持ち出される恐れがあります。Netskopeは、社内から個人アカウントを使ったサービスへのアクセスを制限でき、情報漏えいリスクを軽減します。

CASE2
許可しているクラウドストレージであっても重要な情報のアップロードを制御

企業が導入しているクラウドストレージサービスであっても、「個人情報」など特定の内容が含まれるファイルのアップロードを制御することができます。アップロードされるファイル内容をNetskopeがチェックし、「個人情報」や「機密情報」が含まれている場合、操作の禁止やユーザーへの警告などを実行します。

CASE3
Slack(ビジネスチャット)でのファイルアップロードは禁止

業務効率と生産性の向上が図れるツールとして、Slackなどのビジネスチャットの導入が広がっています。しかし、自社の機密情報が社外に漏えいするリスクはゼロではありません。Netskopeは、特定のファイル形式のアップロード禁止、社外のユーザーに対するファイル共有の禁止などが行え、情報漏えいリスクを軽減。ユーザーの利便性を損なわず、セキュリティを強化します。

CASE4
VPN不要で、社内やIaaS上のサーバーへセキュアなアクセスが可能

テレワークの普及により、社外から社内やIaaS上のサーバーに接続する際のVPN帯域圧迫やライセンス不足の問題が発生しがちです。Netskope プライベートアクセスを利用すれば、社内ネットワークやIaaS上にPublisherを設置することにより、Netskope Agent(PC)とPublisher間でVPN不要のセキュアなアクセスが実現できます。

Netskope 主な特長

FEATURE1  40,000種類以上のクラウドサービスのリスクを可視化・分析

Netskopeは、専門の分析部門が世界中のクラウドサービスをトラッキングし、詳細な評価を提供する辞書機能(CCI:Cloud Confidence Index)を有しています。現時点で、40,000種類以上のクラウドサービスに対応しており、Netskopeの管理画面から、いつでも容易に、利用中のクラウドサービスの安全性チェックが可能。IT部門はセキュリティレベルの低いクラウドサービスを把握し、適切な対応を取ることができます。

> 機能の詳細を見る

FEATURE2  Netskopeだけで、クラウドサービス(SaaS)/IaaS/Webサービスに対応

Netskopeは、クラウドサービス(SaaS)だけでなく、IaaSやWebサービスにも対応。同一のセキュリティポリシーで、SaaS/IaaS/Webサービスとの通信をコントロールできます。

お客さまのAWS環境の
セキュリティ問題をチェック

Netskopeが継続的にお客様のAWS環境の設定情報を監査し、CIS(Center for Internet Security )ベンチマークやお客様独自のルールに基づいて評価するオプション。問題がある設定を発見した際は、レポート提出と共に、Remediation Steps(是正手段)についても提示します。 AWS以外にAzure、Google Cloud Platformにも対応。

クラウドサービスだけでなく
Webも管理

グローバルWebトラフィックの99.9%をカバーする URLフィルタリングのオプション。90超のアクセスカテゴリーで、ギャンブルなどの不適切なサイトへのアクセスをコントロール。Netskopeの多層の脅威検出エンジンが、インターネット経由のマルウェア感染やゼロデイ攻撃などからエンドユーザーを保護します。


> 機能の詳細を見る

Netskopeを導入したお客様の声


Netskopeを安心して導入・利用いただくために


サイバネットは、2012年から長年にわたりクラウドセキュリティの販売・サポートの実績を築いております。豊富な実績と高い技術力に基づき、評価支援などの多彩な導入・運用支援メニューをご提供しております。

> 詳しくはこちら