クラウドセキュリティ(CASB)

急なテレワークでお困りのIT管理者さま必見!
VPN機器不要のクラウド型リモートアクセスとは

VPN機器不要のクラウド型リモートアクセスとは

今回の新型肺炎は収束まで時間がかかると言われています。事態の長期化に備え、企業の事業継続のために、テレワーク環境の構築が急がれています。とくに、テレワークPCから会社の販売管理システムやファイルサーバーなどのアプリケーション・サーバーを利用する手段としてリモートアクセスの整備が急務です。

従来の企業におけるリモートアクセス手段はWebブラウザーおよびVPN機器で構成されるSSL-VPNを利用するのが一般的でした。しかし今回のような状況ですと、セッションライセンス追加のリードタイムやVPN機器の性能不足で、リモートアクセスへの需要への急拡大に対応できない企業も多いです。また、VPNは「企業のネットワークに接続する」ことを目的としているため接続先のネットワーク内でのアクセス制御をしっかり考慮しないとテレワーク状況下にあるPCからの情報漏えいに繋がりかねない課題があります。

本セミナーでは、VPNのこうした課題を解決する「ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)」サービスの「Netskope Private Access」をご紹介するとともに、デモを通じて、セキュアかつ快適なリモートアクセスを実現できる方法を解説いたします。

開催概要

会場 本イベントはZoomを用いたWebセミナー形式での開催となります
対象者 ・リモートアクセスの新規導入/乗り換えを検討中のお客様
※ベンダー様、競合企業様、個人(事業主含む)の方のご視聴はお断りさせていただいております。
費用 無料(事前登録制)

お申し込み / 開催日時

※参加お申し込みの受付は終了しました。

必要なシステム要件

詳細はこちらをご覧ください (本オンラインセミナーはZoomを利用します)

お気軽にお問い合わせください