重要なお知らせ 新型コロナウイルス感染拡大にともなう電話問い合わせについて

DLP(Data Loss Prevention)

DLP(Data Loss Prevention)は、外部への情報漏えいを防ぐためのセキュリティソリューションです。NetskopeのDLP機能では、企業の機密情報を定義し、特定のキーワードや多数の識別方法で精度の高いDLPを実施することができます。

これらにより、クラウドとクライアント間のデータに対して情報漏えいを未然に防ぐことができます。例えば、クレジットカード番号やマイナンバーを含むファイルをクラウドサービスにアップロードすることを禁止することができます。

NetskopeのDLPは、Standard DLPとAdvanced DLPの2種類を提供しております。

Standard DLP
  • 3,000種類以上の定義データ識別子、1,500種類以上のファイル形式に対応
  • 正規表現による設定、ユーザー辞書の追加
  • 検出結果に基づき、各種追加アクション(ブロック・隔離・リーガルホールド・削除・属性変更・メール通知・ユーザーアラートなど)が可能
Advanced DLP 上記に加えて下記が可能
  • OCR
  • 完全一致(Exact Match; 固有のユーザーIDや独自番号等に完全に一致したら検知)
  • フィンガープリント検知(ひな形ファイルから何%一致したら検知)

DLPの使用例

  • クラウドサービスへの機密情報のアップロード制御
    NetskopeのDLP機能を利用し、クラウドサービスにアップロードするファイルに個人情報・機密情報などが含まれている場合にアップロードをブロックすることができます。また、ブロック以外に、例えばユーザーにアップロードの理由を書かせた上で許可するなどのアクションも可能です。
  • 企業と個人のアプリインスタンス間のデータ漏えいを防止
    NetskopeのDLP機能を利用し、個人情報・機密情報などが含まれているファイルを添付してメールする場合、個人向けメールアドレスに送信することを禁止することができます。


機能詳細