重要なお知らせ 新型コロナウイルス感染拡大にともなう電話問い合わせについて

脅威防御

Netskopeの脅威防御では、クラウドサービスに潜んでいるマルウェアやランサムウェアを、実行前のスクリプト分析とヒューリスティック、サンドボックス、およびNetskope Threat Research Labsが管理する機械学習異常検出にて検知し、隔離します。

マルウェアを検知した場合、リアルタイムにアラート・隔離などのアクションを実行できます。また、SOC調査と脅威ハンティングのための豊富なメタデータを提供します。

Netskopeの脅威防御は2種類を提供しております。

Standard Threat Protection アンチマルウェア検知機能、CTEP(クライアントへのExploit通信の防御)機能
Advanced Threat Protection (上記に加えて)
ふるまい検知、Sandbox、ランサムウェア検知等の追加脅威防御機能


機能詳細