クラウドセキュリティ(CASB)

クラウドリスクアセスメントサービス

クラウドサービス( SaaS / IaaS / Webアプリ)の利用拡大にともない、IT部門を介さずにユーザー部門が自ら契約する、いわゆる “シャドーIT”として使われることが多くなっています。十分なセキュリティリテラシーをもたない従業員がクラウドサービスを選定した場合には、セキュリティに問題があるサービスを選んでしまう可能性もあります。

また、企業で利用しているクラウドサービスと同じものを個人が使っているケースもあります。例えば、会社でBoxやOffice 365を使用し、個人でもこれらを使っているという状況は、ごく当たり前の。ように見受けられます。この場合、たとえ社内からアクセス可能なクラウドサービスを制限したとしても、個人契約したサービスに機密情報を含むファイルをアップロードすることで、情報が漏えいするというリスクが発生します。

こんな時に
ご利用いただけます

  • どのようなSaaS / IaaS / Webアプリを利用しているか把握したい
  • 個人アカウントで利用されていないか確認したい
  • セキュリティリスクのあるSaaS / IaaS / Webアプリを把握したい

クラウドリスクアセスメントサービスとは

サイバネットが提供する「クラウドリスクアセスメントサービス」は、お客様から提供いただくファイアウォールやプロキシのアクセスログやNetskopeクライアントからの詳細ログをもとにレポートを作成するサービスです。

レポート例

サービス利用実績サマリ
  • 利用されているSaaS/IaaS/Webアプリ
  • レベルの低いSaaS/IaaS/Webアプリへのアップロード
  • レベルの低いWebメールの利用、など

SaaS/IaaS/Webアプリ利用実態の詳細
  • 検出された詳細ログで注意が必要なもの
  • 認可アプリの個人アカウント利用など

サービス詳細

無料期間 2020年3月31日(火)弊社お申込み分まで
対象 Netskope のライセンス数(ユーザー数)を500以上で導入検討中の企業
内容 クラウドリスクアセスメントレポートをご提供ならびに報告会の実施
ご提供いただくもの @2週間程度のファイアウォールやプロキシのアクセスログ
ANetskopeエージェントのインストールが可能な端末(25台まで)
B会社として認可しているクラウドサービスリスト
※@Aはいずれか必須、Bは任意
※Aをご要望の際は、Netskopeご検討状況のヒアリングおよび、ご評価申込書/ヒアリングシートのご提示が必須となります。
注意事項 お客様へのご検討状況へのヒアリングならびに報告会はお客様先へのご訪問またはオンライン会議にて実施いたします。
お申込 お申込・お問い合わせはこちら
資料ダウンロード 詳細資料ダウンロードはこちらこちら

サービスの流れ

@事前打ち合わせ

サービス内容ご説明 ヒアリングシート
/申込書ご提示
ご評価用アカウントの発行

Aログのご提供

FW / Proxy アクセスログ Netskopeクライアントからの詳細ログ(最大25台)

B分析/可視化

Netskopeで分析/可視化

Cレポートご提供

クラウドサービス利用実績レポート クラウドサービス利用実態の詳細レポート

Netskopeとは

クラウドサービスの安心・安全な利用を実現するセキュリティソリューションとして、企業での導入が進む「CASB(Cloud Access Security Broker)」。Netskopeは、グローバルでトップクラスの導入実績をもつ信頼性の高いCASBソリューションです。ユーザーの利便性を損なうことなく、クラウドサービスの可視化・コントロール・データ保護・脅威防御という4つの機能で、企業のセキュリティ対策の強化を支援します。


クリックで画像拡大

Netskope詳細はこちら

関連ソリューション

関連セミナー

セミナー・イベント
セミナー
EDR徹底比較ハンズオンセミナー
会期:12月5日(木)
会場:新宿 初台
セミナー
売れ筋「IT資産管理ツール」比較セミナー
東京: 12月18日(水)
大阪: 11月15日(金)
会場:弊社セミナールーム
セミナー
CASBはなぜ必要か?Boxの利用事例に学ぶクラウド時代のセキュリティ対策
東京: 12月13日(金)
会場:富士ソフト アキバプラザ
オンラインセミナー
CASBって何?クラウドセキュリティ入門セミナー
12月18日(水)
オンラインセミナー
売れ筋「IT資産管理ツール」比較オンラインセミナー
11月29日(金)
お気軽にお問い合わせください