重要なお知らせ 新型コロナウイルス感染拡大にともなう電話問い合わせについて

可視化・分析

可視化

プライバシーとデータ保護により、https通信ではサーバーとクライアント間がSSL / TLSで暗号化された通信が増えています。Netskopeは、TLS 1.3を含むSSL / TLS通信によって暗号化されたトラフィックを復号および検査し、会社が認可・管理しているかどうかを問わず、あらゆるユーザー、場所、デバイス、アプリなどのトラフィックからデータアップロード、ダウンロードなどの利用状況を可視化することができます。

クラウドサービスの安全性をCCIでスコア化

Netskopeで可視化した利用中のクラウドサービスは、Netskopeのクラウドサービス評価機能(Cloud Confidence Index)を用いて、そのクラウドサービスが安全か否かの判断することも可能です。
CCI機能を詳しく知る

分析

クライアント端末にNetskopeエージェントを導入、もしくは社内ネットワークにプロキシーを導入するなどで、ユーザーとクラウドサービスの間の通信内容を検出することができるため、どのクラウドサービスでどのようなことをしているのかを解析することができます。

取得できる項目
  • ユーザー / グループ / OU
  • 場所
  • デバイス(会社・個人)
  • アプリ・インスタンスなど
  • ファイル、コンテンツ
  • 操作(アップロード、シェアなど)


機能詳細