クラウドセキュリティ(CASB)

お役立ち情報

IT資産管理ツールとCASBの役割の違いとは


2020.06.05
最近IT資産管理ツールの導入を検討されるお客様から、CASBの利用も考えているという お話を伺う機会があります。多くのケースでIT資産管理ツールかCASBのどちらかを導入 することをお考えになっているお客様が多いようですが、そもそもIT資産管理ツールと CASBは管理する対象が異なり、どちらか一方を選択して導入するものではないというのが サイバネットの考えです。

リモートアクセスの主役だったインターネットVPN。ゼロトラスト時代には他の手法へとバトンを渡すことに?


2020.05.15
VPNの基本的な考え方は「社内ネットワークを仮想的に延長することでセキュアな領域を社外に拡大する」というものなので、近年注目が高まっている「ゼロトラストセキュリティ」の考え方にはそぐわないという指摘もあります。そこで注目されているのが、「ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)」です。

CASB登場以前から利用されてきた「SWG」。その基本的な機能と最近の動向


2020.04.16
インターネット利用全体を見渡した場合には、CASBだけでは不十分です。SaaSがメインであり、 対象となるアクセス先以外へのアクセスは、基本的に制御しません。そのため、従来から存在する 一般的なWebアクセスに関しては「SWG(Secure Web Gateway)」というソリューションが 求められます。

SDPとは何か。「ゼロトラスト」で提唱される新たな「境界」


2020.04.09
ゼロトラストセキュリティでは新たな「境界」の考え方である「SDP(Software Defined Perimeter)」が提唱されています。このSDPとは何かについて解説します。

ガートナーが提唱する新たなセキュリティモデル。
「SASE」の概要と登場に至るまでの背景


2020.04.02
データセンターとマルチクラウドの一貫性を保ちながら、シンプルにセキュリティを確保したい。これに対する答えとして現在大きな注目を集めているのが「SASE」というコンセプトです。

「クラウドファースト」で増えているIaaS活用。
その設定不備がセキュリティインシデントの温床に


2020.03.18
AWSやAzure、GCPのIaaS上にシステムを構築するケースが増えています。しかしこれによってシャドーITが横行し、十分なセキュリティが確保されていない状態で運用されているシステムも多くなっています。

適用対象が大幅に拡大し罰則規定もあるGDPR、知らないうちに違反するリスクを回避するには?


2018.05.24
多くの日本企業が、GDPRの規則の適用対象になり得る可能性があります。特に大きな盲点になると危惧されるのがクラウドサービスの利用に伴いGDPR違反が発生する危険性です。

セミナー・イベント
オンラインセミナー
テレワーク時代に必要な「ゼロトラストセキュリティ」とは
会期: 7月29日(水)
オンラインセミナー
手軽に実現!テレワークPCのセキュリティ対策
会期: 7月17日(金)、8月21日(金)
オンラインセミナー
VPN機器不要のクラウド型リモートアクセスとは
会期:8月20日(木)、9月25日(金)
オンラインセミナー
売れ筋「IT資産管理ツール」比較セミナー
いつでも視聴可能
オンラインセミナー
CASBって何?クラウドセキュリティ入門セミナー
いつでも視聴可能
WEBセミナー
「CASBって何?クラウドセキュリティ入門セミナー」

本セミナーでは、CASB製品市場のリーダーであるNetskope社の製品を用いて
CASBを活用したクラウドセキュリティの運用を
ご理解いただきます。

WEBセミナーお申込み

無料デモをリクエスト

導入に関するご質問や実際の画面操作を見ながら実施する
デモのお申込みをお待ちしております。

無料デモお申込み

お気軽にお問い合わせください
資料ダウンロード ご相談・お問い合わせ
03-5297-3487 (平日 9:00〜17:00)