CADFEM Ansys Extensions

Ansysトップ> 製品紹介> CADFEM Ansys Extensions

CADFEM Ansys Extensionsは、AnsysのディストリビューターであるドイツのCADFEM社が開発した、Ansys Workbenchのアドオン製品です。AnsysのカスタマイズキットAnsys ACT (Ansys Customization Toolkit) を用いて開発されたこの製品により、この製品をご利用することにより、流体軸受けの計算や1DシミュレーションにおいてAnsysソフトウェアをより効果的にご利用いただくことが可能になります。

CADFEM Ansys Extensionsは、Ansys Workbench上で以下の機能を利用することが可能になります。


製品概要

Model Reduction inside Ansys
Ansys Twin BuilderやMATLAB/Simulinkに取り込める構造/伝熱のROM化モデルの作成

クリロフ部分空間法という汎用性の高い手法を利用したROMモデル作成が可能となります。 Model Reduction inside Ansysは、Ansys Mechanicalで求められるあらゆる線形の構造解析/伝熱解析に対応しており、Ansys Twin Builder、MATLAB/Simulinkなどのシステムシミュレーションで活用できます。

Model Reduction inside Ansysのデータの流れ

Contents / コンテンツ

3相インバータIGBTの伝熱解析
3Dモデルの低次元化による電気回路との連成

インバータのパワー半導体として絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)は熱効率がよいことで知られていますが、電気的特性と熱的特性を連成させた詳細な解析が必要となります。本事例では、IGBTのチップ近傍のより詳細なシステムシミュレーションを効率よく実施する方法をご紹介します。

Download / 資料ダウンロード

On-demand Webinar / 紹介動画

あなたの伝熱解析を10倍速くしませんか?
〜Model Reduction inside Ansysを活用したモデル低次元化〜

3Dの詳細解析の精度を保ちながら低次元化する方法をReduced Order Modeling(ROM)といいます。3DモデルをROM化すれば、3D解析で数時間掛かる過渡伝熱解析も数十秒程度で解析可能です。通常、このROMモデルの作成に時間がかかります。本セミナーではROMモデルを超高速に作成できるツールをご紹介いたします。



製品概要

Tribo-X inside Ansys
高速に流体軸受けを計算

従来、流体軸受けの計算は流体-構造連成解析という複数の物理現象を組み合わせる必要がありましたが、この手法は計算に時間がかかるというデメリットがありました。Tribo-X inside Ansysを利用することで、従来よりも圧倒的に計算速度が速くなり、より効率的な流体軸受けの検証が可能になります。

Model Reduction inside Ansysのデータの流れ

Download / 資料ダウンロード

On-demand Webinar / 紹介動画

流体軸受け解析や、1D解析用モデル生成を効率化!
〜CADFEM Ansys Extensionsのご紹介〜

「CADFEM Ansys Extensions」はAnsysのパートナーであるCADFEM社が開発したAnsys Mechanicalのアドオン製品です。本製品には、流体軸受け解析用ソルバー「Tribo-X inside Ansys」、1Dシミュレーション用のモデル生成ツール「Model Reduction inside Ansys」といった2つのラインナップが用意されております。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ