リリース情報

リリース概要

MicroAVS re(マイクロエーブイエス・アールイー)

Mac及びLinux向けの製品です。アイコンベースのインターフェースを採用しているため可視化の初心者でも簡単に使いこなすことができ、様々な分野のプレゼンテーションで視覚に訴えたインパクトのある表現が可能です。
Ver.1.0では、ニーズの高いスカラーデータに特化し、コンター、等数値面といった基本的な可視化手法、画像保存、動画保存、3D動画保存機能が組み込まれています。

リリース日

販売開始:2016年5月31日
出荷開始:2016年6月15日
(ダウンロードでのご提供になります)

主な新機能と特徴

(1) 直感的に操作できるインターフェース

アイコン操作を基本とし、利用者が直感的に利用できるインターフェース*1 を採用。読み込んだデータに対応した可視化手法(アイコン)が表示されるため、ユーザーはアイコンをクリックするだけで希望の可視化が行えます。

*1:既存のWindows版のMicroAVSとはユーザーインターフェース及び搭載機能が異なります。

(2) マルチスレッドによる並列処理に対応

可視化処理に時間のかかる等数値面、等数値ボリューム表示は、マルチスレッドによる並列化に対応。大きなデータを可視化する際に効果を発揮します。スレッド数は自由に設定することも可能です。(複数コアを搭載したCPUが必要です。)

(3) VASPデータの読み込みに対応

分子動力学等で使われる計算プログラム「VASP」形式の読み込みに対応しています。


MicroAVSお問い合わせ窓口
MicroAVS re評価版ダウンロード
AVS/Express English Website