V18新機能:STL出力強化(1):領域面、変形面、鳥瞰図のSTL出力が可能に!

STL は汎用的な形状フォーマットであり、昨今話題となっている 3D プリンタの入力にしたり、解析ソフトの入力とすることも可能です。

MicroAVS 18.0 では、この STL フォーマット出力の機能が強化されています。
Ver.17.0 までは 「等数値面」メソッドの結果のみ STL出力に対応していましたが、 Ver.18.0 では等数値面に加えて 「データ領域面コンター」 「鳥瞰図」 「要素データの塗りつぶし」「変形アニメーション」 の結果も STL 出力可能となりました。

<STL出力可能な可視化メソッド>

なお、Ver.18.0 では構造格子(FLD) データに対しても 「変形アニメーション」 の適用が可能になっています。
(Ver.17.0 以前は非構造格子(UCD) データのみ適用可)。
STL出力と合わせてご活用ください。

STL 出力の方法

対応する可視化メソッドのパラメータパネル上部に、[STL形式で出力] ボタンがあり、これをクリックすると保存ダイアログが表示され、表示されている可視化結果を STL 形式で保存できます。

[Binary STL]にチェックがない場合はアスキーSTL、チェックが入っているとバイナリSTL で保存されます。

※STL 形式の出力では、色情報、テクスチャ情報は保存されません。

MicroAVS は STL 形式の読み込みにも対応しているので、 保存した STL ファイルを MicroAVS で読み込み、再表示が可能です。
(形状データのため、他の可視化結果との重ね合わせも行えます)


MicroAVSお問い合わせ窓口
MicroAVS評価版ダウンロード
AVS/Express English Website