データフォーマット・データ作成 離散データをMicroAVSで読み込むには?

対処方法

実験装置で測定した各点での温度や、モンテカルロ法で計算した点群など、いわゆる 『離散点』 と呼ばれるデータをMicroAVSで定義する場合、Field、UCDどちらのフォーマットでも定義できます。

まずはFieldフォーマットでの記述例を示します。
『1次元のirregular構造格子』 として定義します。
この例では、4つの点にそれぞれ物理量が1つ定義されています。

--point.fld-(ヘッダーファイル)--------------------------
# AVS field file
ndim = 1
dim1 = 4
nspace = 3
veclen = 1
data = float
field = irregular
label = point
variable 1 file=./pt.dat filetype=ascii offset=3 stride=4
coord 1 file=./pt.dat filetype=ascii offset=0 stride=4
coord 2 file=./pt.dat filetype=ascii offset=1 stride=4
coord 3 file=./pt.dat filetype=ascii offset=2 stride=4
-------------------------------------------------
--pt.dat(データファイル)------------------------
0.0 2.0 1.0 3.0
0.0 0.0 1.0 2.0
2.0 0.0 1.0 0.0
2.0 2.0 1.0 4.0
-------------------------------------------------
データファイル(pt.dat)の各行は
1列目〜3列目が座標値(X, Y, Z)、4列目が成分値です。

上記と同じデータをUCDフォーマットで記述する場合は以下のようになります。

-------------------------------------------------------
# example of point data
1
data
step1
4 4
0 0.0 2.0 1.0
1 0.0 0.0 1.0
2 2.0 0.0 1.0
3 2.0 2.0 1.0
1 1 pt 0
1 1 pt 1
1 1 pt 2
1 1 pt 3
1 0
1 1
point , unit
0 3.0
1 2.0
2 0.0
3 4.0
-------------------------------------------------------

Fieldフォーマットの方がデータファイルを単純な構造にできるため、点数が多くなる場合はFieldフォーマットで定義することをお勧めします。


MicroAVSお問い合わせ窓口
MicroAVS評価版ダウンロード
AVS/Express English Website