Developer 版のみ地図情報可視化オプション

AVS/Express の可視化の背景に地図を簡単に表示できるオプション機能です。
地図データ(国土地理院発行の地図を使用)を同梱していますので、そのまますぐに利用できます。

サポートしている地図のタイプ
可視化機能
利用方法
動作環境

サポートしている地図のタイプ

以下の地図をサポートしています。

  • 白地図
       全国、地域、都道府県、市区町村の境界線、面、凹凸表示
  • 電子地形図(タイル)
       地図画像(国土地理院発行)
  • 数値標高
       10m/5m メッシュの色彩図、鳥瞰図
  • 基盤情報
       海岸線、行政界線(都道府県、市区町村、町字、街区)、
       鉄道の中心線、道路縁、構造物、水域、水涯線
  • 写真
       国土地理院のサイトで公開されている写真画像
       (ランドサット画像、オルソ画像)

※ 上記各地図は組み合わせて利用することができます。

白地図

全国、地域(関東地域、東北地域など)、都道府県、市区町村の境界を表示できます。ライン、面の塗りつぶし表示の他、市区町村コードで設定されたデータに対して、凹凸表示を行うことも可能です。
都道府県名、市区町村名の表示もサポートしています。

電子地形図(タイル)

国土地理院発行の地図画像を表示できます。
表示の範囲(拡大率)に応じたレベルの地図画像を表示できます。

数値標高

10m の数値標高データを利用した色彩図、鳥瞰図を作成できます。 色の分布はユーザーが自由に設定できます。なお、地域によっては、5m の数値標高データの表示も可能です

基盤情報

海岸線や市区町村境界(白地図同様)に加え、水域、水涯線、道路縁などを表示できます。
このデータはベクトルデータとして扱っていますので、解像度に依存しない表示が可能です。

写真

国土地理院のサイトで公開されているランドサット画像、ならびにオルソ画像を直接ダウンロードし、表示する機能です。

左:国土地理院タイル(ランドサット画像利用)
[データソース:Landsat8画像(GSI,TSIC,GEO Grid/AIST),海底地形(GEBCO)]
右:国土地理院タイル(オルソ画像)利用

※この機能は直接国土地理院のサイトにアクセスし、画像のダウンロードを行います。インターネットに直接接続できる、もしくは、プロキシィをご利用の場合はアドレスとポート番号を指定できることが条件となります。

組み合わせ表示

これらの地図を組み合わせて表示できます。
下図のように、数値標高上に地図画像を貼り付けたり、数値標高上に市区町村境界線を重ね合わせて表示することができます。

可視化機能

AVS/Express の持つ豊富な可視化機能を地図の上に重ねて表示できます。
等値面やコンター図などの可視化機能の他、グリフや棒グラフ、円グラフ、凹凸表示など、各種可視化機能と組み合わせて利用します。

利用方法

本オプションは、いくつかのモジュール群(1つの専用ライブラリページ)で構成されています。既存の可視化ネットワークに地図の表示用モジュールを接続するだけで簡単に利用できます。
地図の表示機能の他、市区町村コードを県庁所在地、市役所、役場の緯度経度位置に変換するモジュールや市区町村コードで与えられたデータを都道府県別などに集計するモジュールもサポートしています。

※ 座標系は、経度緯度座標(JGD 2011)です。

可視化のネットワーク例です。
既存の可視化ネットワークに、地図の表示モジュールと座標の表示範囲を制御するデータ変換モジュールを接続して利用します。

動作環境

  • 対応OS:Windows 64bit / Linux 64bit
  • メモリ :2GByte 以上(推奨 4GByte 以上)
    ※ 表示範囲や構造物など表示する内容によってはそれ以上必要です。
  • ディスク:300GB 以上
  • 提供媒体:USBディスク

※ 別途、最新版の AVS/Express Developer が必要
※ 写真のダウンロード機能を利用するには、直接インターネット接続ができる、もしくは、プロキシィ接続の場合はアドレスとポート番号指定ができることが条件となります。 (その他の地図の表示にはインターネットへの接続は必要ありません)



AVS/Express評価版ダウンロード
AVS/Express English Website