光学用語集スネルの法則

関連語:屈折率、反射の法則、全反射、臨界角

光線が平面(屈折率の異なる媒質の境界)に入射した場合の入射角と出射角(さらに、媒質の屈折率)の関係を表す法則です。図のように、光線の入射角θ1、屈折角(出射角)θ2、反射角θ3、入射側媒質の屈折率n1、出射側の屈折率n2とすると、スネルの法則は、

    n1 sinθ1 = n2 sinθ2
となります。ただし、n1<n2です。


図、スネルの法則

例えば、空気からガラスに光線が入射する場合を考えると、
 空気の屈折率 :n1=1.0
 ガラスの屈折率:n2=1.5
 入射角    :θ1=30[°]
として、スネルの法則より、
    1.0×sin30 = 1.5×sinθ2
となります。そして、上式より最終的に
    θ2≒19
であることが分かります。

光学用語集 一覧

 


お問い合わせ