Reflection Desktop for IBM 16.1

Reflection Desktop for IBM 16.1はIBM System iならびにSystem zに対応したIBM3270/5250端末エミュレータです。

製品特長

IBM3270/5250端末エミュレータReflection Desktop for IBM 16.1の製品特長を紹介します。

プリンタを選ばない印刷機能

Reflectionプリンタセッションはプリンタの機種に依存せず、Windowsプリンタであれば通常のオフィスプリンタからでもホスト印刷が可能です。出力用紙に合わせる自動伸縮機能により、用紙サイズが変わっても常に見やすいフォーマットで出力できます。

VBAによる柔軟なカスタマイズ

Reflection for IBMは、Microsoft 社のライセンスをうけてOffice製品と同じVisual Basic for Applications (VBA)を搭載しています。VBAを利用することでマクロコーディング、グラフィカルフォームデザイン、一連のデバッグ機能を使って、Reflection操作を自動化できます。例えば、“ホストのデータをExcelに落とし込み、グラフを作成させる”といった動作をクリックひとつで行うようなマクロも作成可能です。

新しいユーザインターフェースの採用

新しく採用した「ワークスペース」上に複数のホスト端末画面やWebブラウザページをタブ付きドキュメントとして表示できます。「リボンユーザインターフェース」によりReflection独自の機能へのアクセスを簡単にしたほか、Microsoft Office との連携もすばやく行なえるようになっており、ユーザの作業効率を向上させます。

スマートデバイスのタッチパネルにも対応

iOS、Android、Windows 8.1で動作するデバイスのタッチパネルからホストアプリケーションの操作を可能にします。
※Citrix XenApp環境が必要です。

生産性ツール

ホスト画面上への入力や画面の移動を最小限に抑えることで生産性を向上させるためのユーティリティ群です。

オートコンプリート

ユーザが入力した文字列を記憶し、同じ文字列をフィールドに入力する際に自動的に候補として表示します。

自動拡張

ホスト画面上で利用可能な単語登録機能です。長い単語や繰り返し使用される文字列を登録しておき、最小限の文字入力から変換させることができます。

最近の入力履歴

ホスト画面に入力した文字列を記憶させておき、過去に入力した文字列一覧からマウス操作で選択して画面入力を行なうことができます。

画面履歴

「画面履歴」は、表示画面の内容をスクリーンショットとして記録できます。この履歴画面から以前の情報を素早く確認したり、複数のホスト画面をまとめてMicrosoft WordやPowerPoint へテキストやイメージデータとして取り込むことが可能です。

セキュリティ機能

ホストデータの情報漏洩の阻止や、悪意を持ったプログラムによる被害の防止に役立つセキュリティ機能を備えました。

プライバシフィルタ

あらかじめ指定した文字列や数字を画面上でマスクして読み取れないようにします。これらは画面印刷時や他のアプリケーションへのコピー・貼り付けの際にも有効なので顧客データや機密情報の漏洩を防止します。

信頼された場所の指定

Reflectionの各種設定ファイルを、あらかじめ安全な場所として指定されたディレクトリ以外からは開けないように設定することが可能です。

APIへのアクセス制御

Reflection が提供するAPI に対する他のアプリケーションからのアクセスをコントロールすることができます。API の使用を禁止したり、使用するチャネル(IPC、TCP/IP)を制限することが可能です。

マクロ収録機能

繰り返して行う作業をすばやく自動化することが可能です。収録結果をVBAで編集も可能です。

多彩なセキュリティ機能

SSL/TSLによる暗号化や、SOCKSプロキシサーバの利用などセキュリティを考慮した設計になっています。

アプリケーション仮想化環境に対応

Microsoft Windows Terminal サービスやCitrix Presentation Server などのシンクライアント環境に対応しているほか、Microsoft App-V、Citrix XenApp、VMwareといった仮想化プラットフォーム環境下でも問題なく動作します。

sftpに対応したFTPクライアント

GUIインタフェースにより使いやすく、暗号化されたsftpにも対応したFTPクライアントが付属しています。

管理者向けの機能

管理者インストール

Reflectionインストールイメージを共有フォルダに作成し、複数のPCからインストールを行なえるようにセットアップすることができます。Attachmateカスタム設定ツールにより、インストール時に使用するトランスフォームファイルをカスタマイズすることができます。

各機能へのユーザアクセス制限

Reflectionアクセス許可マネージャにより、ユーザが変更できる設定を制限することができます。また、Microsoftグループポリシーテンプレートを使用したポリシーの作成にも対応しています。

ソフトウェア配布

インストールには、下記のような配布ツールを利用可能です。

  • Microsoft Active Directory
  • Microsoft Systems Management Server (SMS)
  • その他、弊社取り扱いIT資産管理ツールQND Advance/Standardに代表されるMicrosoft Windows インストーラ対応の配布ツール

 



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 ITソリューション事業部 TEL: 03-5297-3487 (平日 9:00-17:30)
お問い合わせ全般  価格表  評価版ダウンロード