リリース情報

IMail Server 12.3

IMail Server 12.3では、セキュリティ機能や管理者向けの機能を強化すると同時に、Windows Server 2012ならびにInternet Explorerなどの最新プラットフォームに対応しました。また、12.3よりIMail Serverオプションである「Anti-Virusオプション」のアンチウイルスエンジンをSymantec社よりCommtouchに変更することで、より親和性向上を図りました。

リリース日

2013年7月17日

主な新機能

ドメイン毎のゲートウェイ設定

ドメイン毎に中継先MTAを指定できるようになりました。なお、設定はIP有ドメインに限ります。IPなしドメインは「プライマリードメイン」の設定に準拠します。また、Domain ForwardingやQueue ManagerのGateway Optionsと併用した場合の優先度は下記の通りです。

  • Domain Forwarding
  • Gateway Options in Domain
  • Gateway Options in Queue Manager

設定変更後、IMail ServerのSMTPとQueue Managerの再起動が必要です。

SMTP アカウント ハーベスティング対策機能

SMTP AUTH認証で指定回数認証に失敗した場合、SMTPセッションを切断します。また、接続元IPアドレスからの接続を一定時間拒否します。なお、本設定はデフォルトで有効です。設定変更後、IMail ServerのSMTPとQueue Managerの再起動が必要です。

パスワードの有効期限設定

パスワードの有効期限が設定可能になりました。終了日前に通知メールを自動で送信することができます。設定変更後、IMail Serverで稼働する全サービス再起動が必要です。また、本設定はデフォルトで無効です。

  • パスワード有効期限が切れると、SMTP AUTH認証、POP3認証、IMAP4認証およびWebMessagingでログインができなくなります。
  • パスワード変更はIMail管理画面、adduserの利用およびWebMessagingからとなります。

スプールモニター

メール処理を行うディレクトリ(spoolディレクトリ)を指定された間隔で監視し、一定量のメッセージが滞留した場合に登録されたアカウントへ通知メールを送信します。設定変更後、IMail ServerのSMTPとQueue Managerの再起動が必要です。また、本設定はデフォルトで無効です。

IMAP4 IDLE コマンド対応

IMAP4にてIDLEコマンドに対応しました。設定変更後、IMail ServerのIMAP4の再起動が必要です。また、本設定はデフォルトで有効です。

開封通知機能 (Web Messaging)


メッセージ作成時の設定
(デフォルト設定)

メッセージ受信時の設定
(デフォルト設定)

お問い合わせ 30日間無料評価版 価格・ご購入 相談してみる カタログ・説明資料

 



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 ITソリューション事業部 TEL: 03-5297-3487 (平日 9:00-17:30)
お問い合わせ全般  価格表  評価版お申し込み