リリース情報

IMail Server 12.5

IMail Server 12.5 では、ドメイン名を変更するアドレスマスカレードに対応したほか、SSL通信時の新たな設定オプションが追加されました。また、WebMessaging (Webメール)がメール簡易無害化機能を実装しました。

リリース日

2016年10月21日

主な新機能

アドレスマスカレード

メール送信時のメールアドレスのドメイン名を任意のドメイン名に変更することができます。

特定ドメインに送信時のSSL/TLS通信実行

あらかじめ設定した特定のドメインに対してのみSSL/TLS通信でメールを送信させることができます。(SSL証明書が必要です。)

パスワードリセット通知メール

WebMessaging のログインに失敗すると、あらかじめ設定したメールアドレスにパスワードリセット通知メールが送信されます。(SSL証明書が必要です。)

アウトバウンドSSL通信時の追加オプション

SSL通信で送信先サーバのSTARTTLSが使用できない場合、自動的に465ポートに振り替えるかどうかのオプションが追加されました。

サービスの「回復」設定を自動構成

IMail Serverの各サービスが停止時に再起動するようにWindows の「サービス」を構成します。

メール簡易無害化機能の追加

「HTMLメールのテキスト化」「添付ファイルの非表示」「メール送信・転送の抑止」を実装しました。(WebMessaging でのみご利用可能です。)

WebMessaging通常メール画面

簡易無害化機能によるメニュー非表示状態

・HTMLメールは受信はされますが、WebMessaging上では本文のみがプレーンテキストで表示されます。
・添付ファイルも実際は受信されますがWebMessaging上では表示されません。

過去のリリース情報

IMail Server 12.4 (2014年7月30日リリース)
IMail Server 12.3 (2013年7月17日リリース)
IMail Server 12.1 (2012年8月1日リリース)


お問い合わせ 30日間無料評価版 価格・ご購入 相談してみる カタログ・説明資料

 



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 ITソリューション事業部 TEL: 03-5297-3487 (平日 9:00-17:30)
お問い合わせ全般  価格表  評価版お申し込み