リリース情報

最新バージョンのリリース情報(主な新機能や改善点)を説明しています。

IMail Server 12.5.6

IMail Server 12.5.6 では、Windows Server 2016に対応いたしました。OpenSSLアップデート、Outbound SSL デリバリーオプション設定画面の追加が実装されました。

リリース日

2017年11月28日

主な新機能

Windows Server 2016 対応

Windows Server 2016 に対応しました。

OpenSSL アップデート

OpenSSL が 1.0.2J にアップデートされました。

Outbound SSL デリバリーオプション設定画面の追加

これまでレジストリの変更で行っていたOutbound SSL デリバリーオプション(特定ドメインへのSSL通信の強制または抑止)をIMail Administration Console および IMail Web Administration の画面上から設定できるようになりました。

注意:本機能の利用には、事前にSSL証明書の作成および設定が必要です。
IMail Administration Console の設定画面

IMail Web Administration の設定画面

主な修正点

  • List Server (メーリングリスト)における「ETRE」、「ETCETERABLUE」として知られるバッファーオーバーフローに至る脆弱性を対策。
  • WebMessaging にログイン時「ユーザ名@ドメイン名」の形式で、存在しないドメイン名を指定しても(パスワードが一致すれば)ログインできる問題を修正。
  • Content-Type ヘッダーに大文字の属性名を含む場合に、WebMessaging が本文を正しく表示しない問題を修正。
  • SQL Server のバージョン情報に数字以外の文字が存在する場合に、IMail Server をインストールできない問題を修正。
  • Content-Type ヘッダーの記述フォーマットにより、添付ファイルの拡張子が表示されないことのある問題を修正。
  • メールの件名に特定の記号(Windows でファイル名として使用できない記号)を含む場合に、WebMessaging で正常にダウンロードできない問題を修正。

過去のリリース情報

IMail Server 12.5 (2016年10月21日リリース)
IMail Server 12.4 (2014年7月30日リリース)
IMail Server 12.3 (2013年7月17日リリース)
IMail Server 12.1 (2012年8月1日リリース)


お問い合わせ 30日間無料評価版 価格・ご購入 相談してみる カタログ・説明資料

 



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 ITソリューション事業部 TEL: 03-5297-3487 (平日 9:00-17:30)
お問い合わせ全般  価格表  評価版お申し込み