これまでは解けなかった大規模、高周波領域の音響解析を実現
WAONとは?
従来の手法に比べて格段に少ないメモリで高速計算を可能にした、音響解析ソフトウェアです。
境界要素法に高速多重極展開アルゴリズム(FMA)を適用したFMBEMソルバーを採用して、200,000自由度の解析ができます。
さらに詳しく
音響解析とは?
車室内騒音、エンジンの放射音、水中の音響、家電からの騒音、遮音壁、コンサートホールなどの開発分野から騒音抑制、開発期間・コストの削減などの要求があり、この要求を満たすために数値シミュレーションの必要性・需要が高まっています。
さらに詳しく
流体騒音のための流体解析セミナー
ユーザーインタビュー
「CAEのあるものづくり」は、CAE技術者の方や、これから解析を行ないたい設計者の方を対象としたCAE技術情報誌です。
ANSYS Workbench専用のインターフェース、WBtoWAONのご紹介