音響と構造の連成解析機能

概要

音響−構造連成解析を行なうことで、スピーカーの振動板のように、音響-構造の相互作用をより正確にモデル化する必要がある音響解析や、自動車のインテークマニフォールドやコンプレッサーのように透過音問題を取り扱う必要がある場合など、より広範囲にわたる音響解析が可能になります。

また、音響-構造連成解析を実施するには、別途汎用構造解析ソフトウェアを使って事前に構造固有値解析を実施することが必要です。「WAON」は、その解析結果を独自のインターフェースを介して読み込み、連成解析における構造モデルを作成することができます。

さらに最新バージョンVersion3.0では、FMBEMソルバーに対し高速化がなされており、大規模な計算をより高速に行うことができるようになっています。

音響−構造連成解析事例

スピーカーの振動板における、音響と構造の相互作用を解析した事例です。
音響共鳴と振動版の共振の両方を考慮することで、より精度の高い解析が実現しています。
(赤:連成を考慮した場合、水色:連成を考慮しない場合)

導入にあたって

保守契約をご締結頂いているユーザー様、及びレンタル契約でご使用頂いているユーザー様は、バージョンアップによる機能追加として、無償で利用することができます。
新規にご導入頂く場合の価格は、現行価格と同じ価格となります。
詳しくはお問い合わせください。