3D動画で研究成果を公開!東京理科大学オープンキャンパスレポート (2015年)

2015年8月8日、東京理科大学野田キャンパスでオープンキャンパスが行われました。


朝からたくさんの人が来場!

分野を超えた研究活動を推進する総合研究院では“見える体験 ミクロの世界 研究の世界”をテーマに体験型イベントを企画。光学顕微鏡を体験するコーナーや、普段は見ることが難しい電子顕微鏡でナノを体験するツアーを実施。


建物が新しくてキレイです。


光学顕微鏡で
500円玉の隠れ文字を探しています!

当社の3D プロジェクタ PortableVR と可視化ソフトウェア AVS/Express を使って、日頃の研究成果を公開しました。

PortableVRは、専用プロジェクタから投影された映像を、3Dメガネをかけて3D映像で見ることができる簡易型VRシステムです。今回は数値計算結果をAVS/Expressで可視化し、PortableVRで立体視しました。

3Dメガネをかけて3Dの世界を体験すると、大学で研究している最先端の内容でもとても身近なものに感じます。オープンキャンパスに来た小学生、高校生、保護者の方からは3Dメガネをかけた瞬間に「おぉ!」「すごい!」などと声が上がり大人気でした。
大学関係者からも、見る人に強く印象づけることができるため、3Dは研究成果をアピールする手段として魅力的だと好評でした。


投影距離が短くても
こんなに大きく表示できます。

カーボンナノチューブへの
水の凝集に関する分子動力学計算
データ提供:
東京理科大学 山本貴博研究室

3Dメガネをかけると、
つい掴みたくなります!

ミルククラウンのシミュレーション
データ提供:東京理科大学 塚原研究室

粒子が向かってくる!

乱流のシミュレーション
データ提供:東京理科大学 塚原研究室

大人から子供まで老若男女問わず、
3Dは見る人の心をとらえます。

藤嶋昭学長も思わず笑顔!

オープンキャンパスや展示会などでコンテンツの魅せ方にお困りの方!

サイバネットシステムでは様々なソリューションをご提案致します。
お気軽にお問い合わせください。


[an error occurred while processing this directive]