マンガでわかる - 設計者CAE Ansys Discovery 流体解析編

公開日2021年3月

次から次へと設計課から解析依頼が届き、多忙を極める解析課流体担当の白石。ただでさえ流体解析は計算規模が大きく時間もかかるのに、同じ設計者から何度も変更したモデルの解析依頼が届いたり、、、。問題を解決するためには解析全体にかかる時間や解析の量そものを減らす必要がありそうです。しかし、解析時間を減らすにはメッシュや設定条件を少しでも減らす必要がありますし、そうすると解析精度が落ちてしまいます。また、解析の量は設計者からの依頼数なので解析課ではコントロールできません。この2つの問題を同時に解決する革新的な設計プロセスとは?

対話型設計者CAEツール「Ansys Discovery」を用いた効率的な設計プロセスを、マンガで解説します!

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ