製品紹介 Additive Print/Additive Suiteを利用した金属3Dプリンティング(Additive Manufacturing)への解析技術の適用

Additive Print/Additive Suiteを利用した金属3Dプリンティング(Additive Manufacturing)への解析技術の適用

CAEのあるものづくり Vol.29|公開日:2019年2月

目次
  1. Additive Manufacturingのメリット
  2. AMの課題
  3. ANSYS Additive PrintおよびANSYS Additive Suiteライセンス
  4. ラティス最適化機能
  5. 造形プロセス解析「Additive Print機能」vs.「Workbench Additive機能」
  6. Workbench Additiveの解析結果と実験比較
  7. 最後に

3Dプリンタによる積層造形技術をAdditive Manufacturing(以下AM)と言います。近年、このAM技術が注目を浴び、金属3Dプリンタの導入を検討される方が増えてきました。ここではAM技術のメリットおよび課題、そしてその課題解決の為に米国ANSYS社がリリースしたAdditive Print/ AdditiveSuiteについてご紹介いたします。

Additive Manufacturingのメリット

金属AM技術で主流となる造形手法は粉末床溶融結合(PBF)です。PBF法は図1のように数十ミクロンの粉末金属を積層し、レーザでの溶融凝固を繰り返すことでパーツを構築します。この手法を用いれば、図2に示したような鋳造・圧延といった加工手法では製造できない複雑な形状の表現が可能となり、軽量化において有効なラティス形状を扱うことも可能です。また、複数部品を一つの部品として造形することもでき、さらに人工骨などの個人に合った医療器具などにも適用できます。

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ