CAE活用事例 基板検査用ワイヤプローブ設計における解析事例の紹介 日置電機株式会社 開発部 主任 小林 昌史 様

基板検査用ワイヤプローブ設計における解析事例の紹介

ANSYSものづくりフォーラム 2018 in 長野 講演資料|公開日:2018年9月

プログラム概要

高密度配線されたベアボード検査用のワイヤプローブの設計における解析事例を紹介する。1000〜5000本といった多数のワイヤプローブをテストフィクスチャに搭載し、一括検査を行う方式であり、プローブ1本の故障でも検査ラインの停止につながる。また、故障が発生した際のプローブ交換に要する時間短縮も重要である。今回は、この故障率低減と交換性改善のためシミュレーションを用いた事例を紹介する。

講演資料 目次
  1. 会社概要
  2. ワイヤプローブについて
  3. 解析とその利用
  4. 座屈解析で利用できる機能の紹介
  5. ANSYSの利用状況

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ