圧電解析バイモルフ型圧電アクチュエータの圧電解析

  • 圧電素子を使った各種アクチュエータの開発に携わられる方。
  • 圧電アクチュエータの共振・反共振特性の評価が必要な方。

バイモルフ型圧電ファンの解析事例です。
バイモルフ型の圧電ファンは、2枚の圧電素子で振動板を挟んだ構造をしています。交流電圧を印加して2枚の圧電素子を伸縮させることで、振動板にたわみ振動を生じさせる送風機構です。
圧電アクチュエータの設計においては、共振近傍の特性を把握することが重要です。本事例の圧電ファンは60Hzに一次モードの共振点を持つため、100Vの交流電圧を55~65Hzで圧電素子に印加する周波数応答解析を実施しました。

圧電解析ツールPiezo Proを活用することで、圧電解析に必要な一連のANSYSコマンドを 自動的に挿入することにより、Workbench環境にて圧電解析を可能にしました。

解析モデル

解析結果


全変形量


相当応力


電位


周波数-Z方向変位


周波数-インピーダンス


周波数-アドミッタンス

周波数特性が大きく変化する共振点近傍は、周波数間隔を細かく計算することで詳細な応答を出力することが可能です。ANSYSの周波数応答解析では、解析周波数範囲を等間隔で計算する以外に、ユーザーが指定した間隔で計算進めることができます。これにより広範囲の周波数域に対して、計算時間を抑えながら高速に詳細な応答を得られます。

解析種類

関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ

夏季休業のお知らせ:休業期間 2019年8月10日(土)〜2019年8月18日(日)、業務再開日:2019年8月19日(月)