HOME

医用・医療

医用・医療分野では、現象の把握・共有のために見えないものを見る「可視化」が欠かせません。
一方、現場で利用する医用画像は、データ化・ネットワーク化が急速に進んでいます。サイバネットでは蓄積してきた可視化技術を活用し、MRI・CT・PETなどから得られる医用画像をソフトウェアのみで高画質・高速に処理する基盤ソフトウェアを開発。これをベースに、内科・呼吸器科など特定領域に適したパッケージソリューションを開発・提供しています。

DirectPath

医用画像処理システム
「DirectPath(ダイレクトパス)」は、CT画像から仮想気管支鏡画像を自動作成し、3D画像による対象部位の位置や経路情報を表示します。

DirectPath製品サイトへ


INTAGE Station

医用画像診断支援プラットフォーム
CT、MRI、PET等から得られた画像情報を2次元、3次元画像に処理・表示するソフトウェアです。複数の異なるアプリケーションで構成された製品で、各機能を選択して使用することができます。

INTAGE Station製品サイトへ