[落下・衝突解析]ANSYS LS-DYNA

ANSYS LS-DYNA は、落下・衝突をはじめとした非線形時刻歴応答解析専用ツールです。
陰解法ソルバーを採用した有限要素法解析ツールとは異なり、収束計算を必要としない陽解法ソルバーを採用しているため、落下・衝突のような非線形性の強い問題を扱うことが可能です。

陰解法と陽解法

時刻歴応答解析には、「陰解法」と「陽解法」の2種類の手法があります。「陰解法」とは解を求めるために収束計算を必要とし、非線形性の強い問題の場合、解が発散して計算が中断されてしまうことがあります。
一方、「陽解法」では収束計算の必要がありません。これにより比較的短時間で、安定して解が得られます。

特長

  • ANSYS LS-DYNAの特長
    • 自動車・航空宇宙・造船などの産業で数多くの実績を持つLS-DYNAソルバーを利用しています。
    • 板成形、金属加工、落下解析、衝撃・衝突などを含め、幅広い解析が行なえます。
    • ANSYSの操作環境(Mechanical APDL(旧Classic)環境)に統合されており、ANSYSの使いやすいプリ・ポストプロセッサが利用できます。
    • ANSYS(陰解法)とLS-DYNA(陽解法)の連成解析が可能です。
    • ANSYS Workbench上で、解析に必要な境界条件の設定ができます。

携帯電話の落下
ANSYS Workbench上で、解析に必要な境界条件の設定が行えます。

解析機能

動解析 時刻歴応答解析(陽解法)
ANSYS LS-DYNAはANSYS Workbench環境およびANSYS Mechanical APDL環境に対応しています。(ANSYS Workbenchでは機能制限あり)

主な機能

並列計算機能オプション

LS-DYNA を利用して大規模な解析を行う場合、「共有メモリー環境」、「分散メモリー環境」、「混在メモリー環境」の3つの環境にて並列計算を実行することができます。

【用語解説】
  • 共有メモリー環境
    複数のCPUを持つ1つのマシン上で計算することを指します。この場合、複数のCPU が1つのメモリアドレススペースを共有します。
  • 分散メモリー環境
    複数のマシン上の複数CPUで計算することを指しています。各CPU はそれぞれのメモリアドレススペースを持ち、MPI (message passing interface : 並列コンピューティング利用するための標準化された規格) を通じて通信します。
  • 混在メモリー環境
    LS-DYNA を利用して大規模な解析を行う場合、「共有メモリー環境」、「分散メモリー環境」 の2つの環境にて並列計算を実行することができます。

並列計算を行うには、使用するCPUの数によりオプションが必要です。
※オプションによって仕様に違いがございます。詳細はお問い合わせください。

解析事例

解析事例によっては、プロダクト以外の事例も含まれております。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ