[構造・伝熱解析]ANSYS Mechanical

ANSYS Mechanicalは、機械系の解析機能として、構造解析と伝熱解析機能を全て備えたツールです。Professional NLTStructuralの両方の製品の解析機能を合わせ持っています。

解析機能詳細

(表の見方)

構造解析 静解析 線形
材料非線形
幾何学的非線形(大変形など)
要素非線形(接触など)
動解析 モーダル解析
周波数応答解析
時刻歴応答解析(線形)
時刻歴応答解析(非線形)
スペクトル応答解析
ランダム応答解析

モード合成法(CMS)
座屈解析 線形
非線形
疲労解析 マイナー則
S-N曲線に基づく手法 ◎
破壊解析 破壊解析
剛体運動解析 剛体運動解析(*1)
伝熱解析 定常伝熱解析(線形・非線形)
非定常伝熱解析(線形・非線形)

相転移
輻射
定常電流解析
連成解析 マルチコード双方向連成 (*2)

表の見方
青字表記 : ANSYS Workbench環境およびANSYS Mechanical APDL環境に対応(ANSYS Workbenchでは機能制限あり)
緑字表記 : ANSYS Workbench環境に対応
黒字表記 : ANSYS Mechanical APDL環境に対応
◎ : 追加オプションが必要
*1 : 陽解法の剛体運動解析のみ追加オプションが必要
*2 : MechanicalとCFD、CFD-Flo、CFXの組み合わせで対応

特長

構造・伝熱の連成解析(線形・非線形共)

構造と伝熱の複雑な非線形の連成解析を実施できます。
様々なアセンブリモデルにおいて、材料非線形、接触、非定常伝熱、熱輻射など複雑な現象を解析・把握することに適した製品です。

    • 事例 : 半導体パッケージの熱応力と伝熱についての時刻暦解析

圧電解析

解析タイプは、以下のものを扱えます。

圧電解析操作支援ウィザードを活用することで、圧電解析に必要な一連のANSYSコマンドを自動的に挿入することにより、Workbench環境にて圧電解析を可能にしました。

音響解析

解析タイプは、以下のものを扱えます。

解析事例

解析事例によっては、プロダクト以外の事例も含まれております。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ