ANSYS Workbenchの操作環境

ANSYS Workbench は、ANSYS のマルチフィジックスソリューションを実現する、次世代型の操作環境です。構造、伝熱、磁場、流体、落下・衝突、そして連成解析といった高度で幅広い解析機能はもちろん、CADインターフェースやメッシュ生成などのプリプロセッサ、そして最適化やデータ管理をはじめとした作業効率を高めるための支援機能が、統一された操作環境で提供されています。
ANSYS Workbench 環境を利用することで、設計者から解析専任者、プロジェクト管理者など、解析業務に関わる全ての人やプロセスを一つにつなぐことができます。

ANSYSの操作環境
ANSYSは、2つの操作環境を持ち、利用する製品や解析機能によって操作環境が決まっています。
   ・ANSYS Workbench
   ・ANSYS Mechanical APDL(旧Classic)
ANSYS Workbenchは、設計者から解析専任者まで幅広くご利用いただけます。
ANSYS Mechanical APDLは、解析専任者向けに細かな解析条件を設定いただける環境です。

ANSYS Workbenchの特長

  • モデリングからメッシュ生成、解析、結果評価まで、一連のプロセスを共通のGUI で提供
  • ジオメトリやメッシュ、解析結果など、各ツール間のデータの受け渡しが容易
  • 解析に関わる全てのフローを、一括管理することが可能
  • 自動メッシャーや最適化ツール、データ管理ツールなど、業務効率を高める機能が充実

使い易い操作環境

解析のプロセスを一元管理できるプロジェクトページ

ANSYS Workbench のプロジェクトページは、「ツールボックス」と「プロジェクト概念図」で構成されています。ツールボックスは、個々の解析フローをテンプレート化したもので、各ツールを起動するランチャの機能も備えています。


クリックすると拡大画像を表示します

様々な解析分野別に、フローのテンプレートを収めたツールボックス

ツールボックスには、解析分野ごとに必要な解析フローのテンプレートが収録されています。プロジェクト概念図にドラッグ&ドロップ すると、作業項目が箇条書きで一覧表示され、項目をクリックすると自動的に必要なツールが起動します。「未定義」「終了」などの進捗 がアイコンで表示されるため、作業に抜けがないか確認できます。


クリックすると拡大画像を表示します

簡単に構築でき、保存も可能な解析プロジェクト

単一分野の解析はもちろん、複雑な連成解析でも、ツールボックスをドラッグ&ドロップするだけで簡単に解析プロジェクトを構築できます。作成したメッシュを他の解析で利用したり、解析結果を荷重として転送するなどデータを関連づけたい場合も、項目をドラッグすることで設定できます。 さらに、一度作成した解析プロジェクトはツールボックスとして保存し、必要なときに再利用することも可能です。


クリックすると拡大画像を表示します

3次元CADとの双方向連携で、設計検証にかかる手間を最低限に

3次元CADのデータをそのまま使って解析ができ、自動メッシュや自動レポート作成機能などの支援機能が豊富なため、解析初心者の方でも安心してお使いいただけます。また、幅広い3次元CADと双方向連携が可能であり、CADで行なった設計変更を即座に解析に反映させたり、CADで作成したパラメータを使い、複数の設計案をまとめて解析することもできます。設計検証にかかる手間を、最低限に抑えたい方に最適です。


クリックすると拡大画像を表示します

CADインターフェース 操作手順

パラメータスタディと外部ツールのリンク

寸法や材料、境界条件などをパラメータとして定義し、パラメータスタディを行なうことができます。値を変えていくだけで、CADやメッシャー、解析ツールなど、関連する全てのツールが自動的に更新され、解析結果を算出します。解析の作業を効率化したい方に最適です。

また、Workbench 上のパラメータをMicrosoft Excel にインプットして演算し、その結果をWorkbench で受け取ることができます。Excel で作成した計算式を、まるでソルバーのように活用できます。これにより、独自の数式による計算結果をWorkbench に利用したり、解析結果とコスト計算を組み合わせるなど、CAE 分野にとどまらない利用が可能です。


クリックすると拡大画像を表示します

※更に解析時間の短縮を図るために、分散計算用のライセンス(ANSYS HPC Parametric Pack)もご用意しております。

日本語化されたGUI

  1. ツールバー
    ツールバーのボタンやプルダウンメニューを使って、解析に必要な条件を簡単に設定することができます。
  2. ツリーアウトライン
    「接触」「荷重条件」「結果」など、解析に関する情報が階層別に表示されます。項目をクリックすると、詳細ビューに情報が表示されます。
  3. 詳細ビュー
    解析条件の詳細な設定を行ないます。
  4. ドキュメントタブ
    ジオメトリ、レポート画面、印刷プレビューなどの画面切り替えが行なえます。
  5. ジオメトリウィンドウ
    解析のモデルや結果が表示されます。マウス操作でモデルの拡大・縮小や移動、回転などを行なうことができます。

メッシング

一般的に専門知識が必要とされるメッシュ作成ですが、ANSYS Workbenchなら全自動で質の高いメッシュを作成可能です。
また必要に応じて、大きさや形状、メッシュ作成の方法などをきめ細かくコントロールすることも可能です。解析初心者から上級者の方まで、幅広くご利用いただけます。

メッシング機能 詳細

結果評価

解析結果をコンター図やアニメーション等で表示できるほか、数値をExcelデータに出力することも可能です。また、解析レポートを自動的に作成することもできます。

結果評価機能 詳細

カスタマイズ

ANSYS Workbenchは、必要に応じてメニューを自由にカスタマイズしていただけます。設計者が高度な解析を行えるように専用のウィザードを作成したり、繰り返しの多い作業を自動化するなど、カスタマイズ機能を活用することで、業務効率の大幅な改善が期待できます。

ANSYSのカスタマイズ機能 詳細

ANSYS Workbenchをお使いのユーザ様の声

サンデン株式会社

目指すは試作レス。ANSYSやOptimusの逆解析を活用した、開発スピードアップのための取組み

サンデン株式会社 詳細ページ

GEヘルスケア・ジャパン株式会社

設計者にCAEを。ANSYS Workbenchを使った「FEAグランプリ」が成功し、利用者が急増

GEヘルスケア・ジャパン株式会社 詳細ページ

NECエンジニアリング株式会社

決め手は操作性とOneSpace Modelingとの連携
─ 人工衛星搭載機器の構造設計現場で、ANSYS Workbenchの利用が拡大 ─

NECエンジニアリング株式会社 詳細ページ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ