ANSYSのカスタマイズ機能

ANSYSは解析の操作環境毎に様々なカスタマイズ機能を備えており、ユーザー自身の解析業務に特化した専用機能を追加・実装することが可能です。

ANSYSのカスタマイズ機能

ANSYS Workbenchのカスタマイズ

ANSYS Workbenchのプロジェクト画面上の操作は、ジャーナル機能でPythonスクリプトとして記録・再生することができます。これにより定型的な作業を容易に自動化することが可能です。さらに記録したスクリプトを目的に応じ編集し再利用すれば、より複雑な処理を自動化することができます。

ANSYS AIMのカスタマイズ

ANSYS AIM では、ANSYS Workbench 同様、ジャーナル機能による操作履歴の記録・再生が可能です。さらに、ACT によるウィザードを活用すれば複雑な処理を手順化・省力化することにより効率的に解析を進めることが可能です。

ACT(Application Customization Toolkit)

ANSYS Workbenchの機能拡張を行うための開発ツールキット、および実行環境です。独自の境界条件・結果処理・ウィザード画面の作成、APDLコマンドを要する設定のGUI化、任意のグラフィック描画、頻繁に利用する形状のテンプレート化、サードパーティー製ソルバーの組み込みなど、多様なカスタマイズが行えます。

作成されたカスタマイズプログラムは“Extension(拡張)”と呼ばれるバイナリ形式(*.wbex)で配布でき、利用者はアドインインストールの要領で必要なものを個別に、安全にANSYS Workbenchに追加可能です。

R17.1でカスタマイズ可能なアプリケーション
Workbench、Mechanical、DesignModeler、DesignXplorer、SpaceClaim、Electronics Desktop、Fluent(ベータ)、AIM

このACTを用いて作成した様々な追加機能はこちら
サイバネット製ANSYS追加機能群 CYBERNET Add-ons for ANSYS

UPFs (User Programmable Features)

プログラミング言語のFortranを使って独自のサブルーチンを組み込むことにより、ANSYSのソルバーをカスタマイズできる機能です。
UPFs (User Programmable Features)の詳細はこちら

APDL (ANSYS Parametric Design Language)

ANSYSの独自言語であるAPDLを用いて、様々なカスタマイズが可能です。
APDL (ANSYS Parametric Design Language) の詳細はこちら

ANSYSのカスタマイズ機能 活用例

  • コマンドオブジェクトを要していた設定をGUIで行えるようにする
  • Excel等で二次処理を要していた結果を直接表示できるようにする
  • 教育・誤操作防止・効率向上等の目的でウィザード画面を作成する
  • 任意のグラフィック・レポート等を表示・出力する
  • 煩雑な設定を要する解析を自動化する
  • ANSYS Workbenchを、ANSYS以外のソルバーのプリ・ポストとして利用する

独自の材料カーブフィットプログラムの
実装と、グラフ描画例

独自の結果処理機能の実装と、
グラフィック描画例

関連ページ

以下のページでは、ANSYSのカスタマイズ機能を用いたサイバネットのソリューションをご紹介しています。

サイバネット製ANSYS追加機能群 CYBERNET Add-ons for ANSYS
高度なカスタマイズ技術

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ