重要なお知らせ 新型コロナウイルス感染拡大にともなう電話問い合わせについて
ハードディスク暗号化ソフトウェア


機能紹介

ハードディスク暗号化ソフトウェア WinMagic SecureDocの機能をご紹介します。

ハードディスク全体暗号化により、盗難・紛失時の情報漏えいに対応

PCのハードディスク全体をセクタレベルで暗号化します。ユーザーはOS起動前に認証を行うだけで、起動後は暗号/復号処理は自動的に行われます。

独自認証による強固なセキュリティを提供

WinMagic SecureDocはOS起動前に独自認証(プリブート認証)を行うので、認証されないユーザーはOSすら起動できません。認証を規定回数失敗すると認証に必要なユーザーIDはロックすることも設定できます。認証はID/パスワードのほか、指紋認証やUSBトークンと組み合わせて、より強固にすることも可能です。

パスワード忘れ対応

パスワードを忘れた場合のパスワードリカバリーによる救済措置を提供しております。

OS障害時に暗号化データを復旧

OS障害時など、万一PCが起動しなくなったとしても、WinMagic SecureDocはキー情報で簡単に暗号化データを救済できます。

BitLocker/FileVault2の管理

BitLocker/FileVault2に、WinMagic SecureDocと同じ機能を持たせることができます。管理サーバー上では、どの端末がBitLocker/FileVault2で暗号化されているか確認でき、万が一BitLocker/FileVault2が復号化された場合もWinMagic SecureDocの監視にて自動で再暗号化を実施します。

自己暗号化ディスクを利用して、高速な暗号化/復号化を実現

自己暗号化ディスク(Self-Encrypting drives)とは、ディスク内に暗号化チップと暗号化キーを内蔵しているドライブ製品です。WinMagic SecureDocでは、ドライブに搭載されたチップを利用して、高速な暗号化/復号化を実現します。さらに、内蔵の暗号化キーを暗号化する「認証キー」を管理することで、データ漏えいを防ぎセキュリティを強化します。

その他管理機能

  • WinMagic SecureDoc管理サーバーによる一元管理
  • 規定回数パスワード入力ミスによるIDのロック
  • 指定期間に通信がない場合のIDのロック解除
  • 通信ログによる利用状況の把握
  • 暗号化状況(ログイン成功/失敗のログ収集、暗号方式)の把握
  • PCの遠隔ロック、データ消去
  • PCのリカバリー

動作環境

ハードディスク暗号化ソフトウェア WinMagic SecureDocの動作環境はこちら