特別セミナー(無料)

LightTools特別セミナー2019

LightToolsの開発元である米国Synopsys社より、製品の最新機能や活用方法などの技術情報を提供する毎年開催のセミナーです。 ユーザー様からの事例発表もあります。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

※参加お申し込みの受付は終了しました。

※名古屋・大阪での開催もございます。
 LightTools特別セミナー2019(西日本・中部)

開催概要

会場 アキバプラザ 5階 アキバホール
アキバプラザ 5階 アキバホールへは、JR秋葉駅側A・Bまたは、1階ファミリーマート側のE・Fのエレベータをご利用下さい。(C・Dのエレベータでは5階へ上がれません)
主催 サイバネットシステム株式会社
定員 170名
参加費 無料 (WEB事前登録制)※お弁当付
対象 ・LightToolsユーザー様
・光学設計業務に従事している方または今後ご担当予定の方
備考 Synopsys社による講演は日本語の同時通訳となります。
また、直前にセミナー内容を一部変更させて頂く場合や、講演時間が前後する場合もございますので、予めご了承の程、お願い申し上げます。

お申し込みに関する注意事項
下記の場合には、セミナーご参加をお断りさせて頂く場合がございます。
該当のお客様には、セミナー開催日の1週間前までに別途メールでご案内をさせて頂きます。
ご理解の程お願い致します。
定員数に達した場合
最小催行人数に達しない場合
ベンダー様、競合企業様
個人でお申し込みのお客様

アジェンダ

10:00〜10:05 開会挨拶/連絡事項
10:05〜10:15 サイバネットからのご挨拶
10:15〜10:25 Synopsys社からのご挨拶
10:25〜11:10 LightTools 8.7 新機能紹介
11:10〜12:00 CODE VとLightToolsを用いたLiDAR設計事例
12:00〜13:10 昼食
13:10〜13:55 自由曲面設計(FFD)機能の効果的な使い方
13:55〜14:40 迷光や不要光の検出と制御のためのツールと考察
14:40〜15:10 ニアフィールド配光測定システム -光源から最終製品まで-
15:10〜15:30 コーヒーブレイク
15:30〜16:00 非常用照明器具のレンズ小型化設計
16:00〜16:30 LightToolsを用いたフォーカススプリットシステムの迷光解析
16:30〜17:00 LED照明用超薄型レンズの光学設計におけるLightToolsの活用
17:00〜17:25 LightTools将来計画
17:25〜17:30 閉会挨拶/連絡事項

アブストラクト

LightTools 8.7 新機能紹介
講演者:Synopsys社
LightTools 8.7では、迷光解析に関する機能が大きく強化されました。
主な追加機能は以下のとおりです。

  • 新しい散乱光学特性:磨かれた面に対して有用なもの
  • レイパス機能の大幅改良
  • 面セット機能の追加 :レイパス解析において複数面をまとめる機能
  • 目標散乱範囲
  • 新しい受光器フィルターの追加:特に迷光やゴーストの解析のためのフィルター
  • その他、使い勝手向上、機能強化
この発表ではLightTools 8.7で追加された新機能の詳細をご紹介します。

次のキーワードに関心のある方にオススメ

LightTools 8.7最新機能/迷光・ゴースト解析/散乱/レイパス/受光器フィルター
CODE VとLightToolsを用いたLiDAR設計事例
講演者:Synopsys社
自動運転の実現において、LiDARの重要性が増してきています。
しかし、様々な課題があります。
この発表では走査LiDARシステムの設計事例を紹介します。 具体的にはCODE VとLightToolsを両方用いて、ビーム成形、投影、信号受信のための光学系を設計します。
様々な大気条件におけるシステム性能への影響も見ていきます。

次のキーワードに関心のある方にオススメ

LiDAR/走査光学系/CODE VとLightToolsの連携/ビーム成形、投影、信号受信/大気条件
自由曲面設計(FFD)機能の効果的な使い方
講演者:Synopsys社
LightToolsの自由曲面設計機能(FFD)は自由曲面光学系の設計、最適化のための洗練されたツールです。
この発表では、あまり知られていない、強力なFFD機能のいくつかの使い方について例を交えてご紹介します。

  • 新しいディストーション補正機能
  • フレネルロスの解析、補正
  • 自由曲面の物理サイズの指定 など

次のキーワードに関心のある方にオススメ

自由曲面/FFD/最適化/ディストーション補正/フレネルロス補正/物理サイズ指定
迷光や不要光の検出と制御のためのツールと考察
講演者:Synopsys社
この発表では、理想的な設計と理想的ではない製造後の光学系、両方をモデル化し、迷光の影響を調査するためにLightToolsで出来ることをご紹介します。
不要な光を見つけるために、LightToolsの機能で何が解析できるかを説明します。
カメラレンズや望遠鏡のような典型的な結像系だけでなく、懐中電灯や照明器のような照明系も例にします。

次のキーワードに関心のある方にオススメ

迷光解析/ゴースト/不要光/製造後の光学系/結像光学系/照明光学系
ニアフィールド配光測定システム -光源から最終製品まで-
講演者:大塚電子株式会社
新商品開発部
西田 吉彦 (ニシダ ヨシヒコ)様
例えば自動車のヘッドランプや照明器具などの配光評価にはファーフィールド配光測定システムが利用されます。しかし製品が実際に使用される環境において、どのような性能を発揮するか、という評価でファーフィールド配光により得られた結果を利用することには注意が必要となります。
一方のニアフィールド配光測定システムでは、取得した結果を用いてあらゆるシチュエーションを想定した製品の評価が可能となります。

次のキーワードに関心のある方にオススメ

ニアフィールド配光測定/配光評価/光源測定/光線データ光源/正確なシミュレーション
非常用照明器具のレンズ小型化設計
講演者:三菱電機照明株式会社
開発本部 デバイス技術部 先行開発課
糸賀 賢二 (イトガ ケンジ) 様
昨年10月、当社はLED非常用照明器具を備えたベースライトをリニューアル致しました。
大きな特徴は、非常用照明光源のレンズを小型化することによって、従来の照明器具の幅180mmを150mmへスリム化させたことです。
本講演では、レンズ構造を明らかにし、その設計方針とLightToolsの使用方法 (最適化ツールと逆光線追跡機能の利用)について説明します。

次のキーワードに関心のある方にオススメ

非常用照明器具/レンズ小型化/LED/ベースライト/スリム化/最適化/逆光線追跡
LightToolsを用いたフォーカススプリットシステムの迷光解析
講演者:株式会社ニデック
アイケア事業部 開発本部 先端技術開発部 光学開発課
大嶽 太知(オオダケ ダイチ)様
網膜をレーザーで治療する光凝固においては、レーザーフォーカスの眼底深さ方向のズレが治療の状態に少なからず影響を与えます。
二デックでは、フォーカススプリットという二本のスプリットバーを用いたレーザーフォーカスアライメント法により治療の利便性、安全性の向上を目指しています。
本発表では、フォーカススプリットシステムをCODE V、LightToolsを用いて設計、解析を行った事例を発表いたします。

次のキーワードに関心のある方にオススメ

フォーカススプリット/迷光解析/網膜/レーザー治療/光凝固/フォーカスずれ/アライメント
LED照明用超薄型レンズの光学設計におけるLightToolsの活用
講演者:ミネベアミツミ株式会社
技術開発部門 研究開発Div.機能技術開発部開発1課
高山 良平(タカヤマ リョウヘイ)様
ミネベアミツミは、液晶ディスプレイ向けLEDバックライトの導光板設計で培った光学設計技術を応用した、LED照明用超薄型レンズを開発しました。
本講演では、屈折タイプと全反射タイプを組み合わせた超薄型フレネルレンズの設計と、本レンズを使用したLED照明器具・SALIOTにおけるLightToolsの活用事例を紹介します。

次のキーワードに関心のある方にオススメ

LED照明/超薄型レンズ/液晶ディスプレイ/LEDバックライト/導光板/フレネルレンズ
LightTools将来計画
講演者:Synopsys社
この発表では今後のLightTools開発計画に関してご紹介します。
短期計画だけでなく中期計画に関しても触れます。

次のキーワードに関心のある方にオススメ

LightToolsの将来計画/次のバージョンの新機能

 


お問い合わせ