サイバネットシステムでは、CAE初心者向けの入門セミナーから高度な理論教育・組織向けオンサイト教育まで、さまざまなCAE関連セミナーを年間200回以上開催しています。

>> CAE技術トレーニング 一覧 に戻る

熱伝導と輻射を中心に Ansys Workbench Mechanical
伝熱解析セミナー

各種デバイスの安定動作のためには、熱問題を解決することが必要不可欠です。しかし、熱の伝わり方はデバイスの配置や周辺状況、どのような形態で熱が移動するか(伝熱・熱伝達・輻射)によって大きく変化するので、事前に予測することは非常に困難です。そのため、Ansys Workbench Mechanical(以下AWM)といったCAEツールによる熱解析が重要となります。

本セミナーは、流体解析が必要となる熱伝達を除く2つの伝熱形態(熱伝導と輻射)を中心に、基礎知識及び操作方法をマスターしていただくことを目的としております。また、より複雑な伝熱現象を考慮するために必要な非線形解析や非定常(時刻歴)解析の習得もコースに含まれております。 さらに「連成解析」の章では、「伝熱−構造の連成解析」および「電気−伝熱解析」といった、お客様のニーズが高い解析機能を詳しくご紹介いたします。
これから伝熱解析に取り組む方だけではなく、更に高度な解析を目指している方も是非ご受講下さい。

集合対面とオンラインのハイブリッドで開催

■本セミナーは、2通りの受講方法をお選びいただくことができます。

  • 会場にお越しいただいての受講
  • オンラインでの受講

■オンラインの場合は、Zoomのミーティング機能を利用します。
 また、クラウド上のCAEソフトを利用して操作実習を行います。

■オンラインのメリット

  • Web上でどこからでも簡単にご受講頂けます!
  • クラウドを使うため、CAEソフトの準備は不要です!
  • クラウドはトレーニング開催前後にご自由にお使い頂けますので、実習の予習や復習が可能です!
  • 視聴に必要なシステム要件はこちらをご覧ください。
  • クラウドをご利用いただけない方は、お手元のライセンスを利用した形での受講も可能です。
    実習に対応したCAEソフト並びにライセンスがインストール済みのマシンをご用意ください。
  • オンラインにてご受講の場合は前日までに事前準備が必要となります。詳細はお申し込み後にメールにてご連絡いたします。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

※参加お申し込みの受付は終了しました。

※参加お申し込みの〆切日は以下となります:
会場にお越しいただいての受講:5日前
オンラインでの受講:7日前

開催概要

開催会場 東京会場 オンライン
開催場所 弊社 東京本社セミナールーム
>>地図
任意
>>視聴に必要なシステム要件はこちらをご覧ください
開催時間 1日間 9:30〜17:00
定員 9名 10名
受講料
受講券
Ansys
バージョン
Ansys2020R1(2021年9月よりAnsys2021R1)

※お申し込みが最少開催人数に満たない場合は、中止になる可能性があります。

>>CAE技術トレーニングに関するFAQ

アジェンダ

    伝熱解析の概要
  • 概要
  • フーリエの法則
  • ニュートンの冷却の法則
  • 基礎用語解説
  • 定常解析と非定常解析
  • 線形解析と非線形解析
  • 非線形解析のためのセッティング
    熱接触
  • 接触領域の取り扱いと注意点
  • 操作の詳細 (例題 熱接触1 / 熱接触2)
    非定常解析
  • 概要
  • 初期条件
  • 時間セッティング
  • 操作の詳細(例題 非定常解析1 / 非定常解析2)
    輻射
  • 概要
  • 仮定と制限
  • 放射能とステファン−ボルツマンの法則
  • ランバートの法則と形態係数
  • コマンドオブジェクトを用いた輻射のモデリング
  • ラジオシティ法
  • 操作の詳細 (例題 輻射(コマンドオブジェクトを使用))
    連成解析
  • 伝熱−構造の連成解析
  • 電気−伝熱の連成解析

・アジェンダの内容は、セミナーの進行具合により多少変更することがあります。
・DesignSpaceライセンスでは一部サポートしていない内容が含まれます。

>> CAE技術トレーニング 一覧 に戻る

Ansys製品導入検討中の方へ

無料体験セミナー 一覧

より実践的な使い方を学ぶ

CAE技術トレーニング 一覧

解析トレンドや事例で知見を深める

トピックセミナー 一覧


ページトップへ