ANSYS Workbench Mechanical音響解析セミナー

近年、HV車やEV車のような静粛なクルマの普及が進み、騒音低減を意識した設計・開発が求められるようになってきています。これまで振動問題に着目していた製品でも、共振対策だけでなく音源や伝搬の対策が求められるケースが増えてきています。

このため音の解析ニーズが高まっていますが、音響解析は場(空間)の解析であり構造解析とは異なる特徴が多数存在するため、ハードルが高く感じられることが多いようです。空間のメッシュ作成における注意点や、無限遠方の表現、吸音の設定など、構造解析には存在しない解析条件が登場しますので、音の基礎知識はもとより、音響解析に特化した条件設定・操作習得も求められます。

本セミナーでは、音の基本的な性質の解説とともに、Workbench Mechanical環境を利用した音響解析の基本的な操作を、例題を交えながら習得いただけます。純粋な音響解析だけでなく、周波数応答解析結果を利用した構造-音響連成解析や吸音材を利用した解析など、ANSYSの多彩な音響解析機能も取り扱います。これから音響解析に取り組まれる方は、ぜひご受講下さい。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

※参加お申し込みの受付は終了しました。

開催概要

開催会場 東京
開催場所 弊社 東京本社
セミナールーム 地図
開催時間 1日間 9:30〜17:00
定員 8名
受講料 43,200円/名(税込) (お支払方法について
受講券 利用不可
  • お申し込みが最少開催人数に満たない場合は、中止になる可能性があります。

セミナー内容

対応バージョン 2019 R2
対象 ANSYS Workbench Mechanicalを用いて音響解析を実施する予定の方。音響解析の基礎について理解を深めたい方。
受講条件※ ANSYS Workbench Mechanical 入門セミナー
「計算力学技術者」
認定試験
無し
  • 記載のセミナーを事前に受講してください。
  • 受講済み相当の知識をお持ちであれば事前受講の必要はございません。

アジェンダ

音の基本

  • 音の物理的特性
  • 音の評価項目

音源対策と伝搬対策

  • 音源対策と伝搬対策
  • 吸音・遮音
  • 共振・共鳴

音の解析

  • 音響数値解析
  • 音響解析の基礎式
  • モーダル/周波数応答/時刻歴解析
  • 構造−音響連成解析

ANSYS音響解析の基礎1

  • 解析フロー
  • 解析システム
  • 媒質特性
  • 音響解析用ジオメトリ
  • 音響解析用メッシング
  • 音響解析の境界条件
  • 音響解析の結果評価
  • 例題:基本的な管内音響解析

ANSYS音響解析の基礎2

  • 閉空間の音響解析用ジオメトリ
  • 閉空間の音響解析用メッシング
  • 音響解析の結果評価(遠距離場結果)
  • (補足:無限境界要素)
  • (補足:点音源の設定)
  • 例題:閉空間を含む基本的な音響解析

ANSYS構造−音響連成解析

  • 構造−音響連成解析
  • 片方向連成
  • 直接連成
  • 例題:基本的な構造−音響連成解析(片方向連成)
  • 例題:薄板の構造−音響連成解析(直接連成)
  • 補足:プリストレス構造―音響連成解析

ANSYS音響解析の応用

  • 流体の影響を考慮した振動解析

付録

  • アジェンダの内容は、セミナーの進行具合により多少変更することがあります。
  • 本セミナーの内容を実施するにはANSYS Mechanical Enterpriseライセンスが必要です。

こちらからお申し込みください。



CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ