CAE用語辞典低減積分 (ていげんせきぶん) 【 英訳: reduced integration 】

低減積分とは、要素の積分点の数を減らして計算する手法です。たとえば二次元四辺形要素では、一般的に4つの積分点がありますが、低減積分ではこれを1個に減らすなどして計算します。

低減積分には、大きく分けて一様低減積分と選択低減積分があります。

一様低減積分は、せん断変形・体積変形に関わらず一様に低減積分する手法です。せん断ロッキングおよび体積ロッキングを防止できますが、曲げに対して柔らかすぎる挙動となる傾向があります。また、アワーグラスモードが発生する危険性もあります。

選択低減積分は、体積変形に関してのみ選択的に低減積分する手法です。体積ロッキングを防止できますが、せん断ロッキングは防止できません。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSの構造解析用の要素では、一様低減積分および選択低減積分を利用できます。

関連用語

完全積分体積ロッキングアワーグラスモード


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ