CAE用語辞典パラメトリックスタディ (ぱらめとりっくすたでぃ) 【 英訳: parametric study 】

パラメトリックスタディとは、解析モデルや条件に関わる様々な数値をパラメータとして定義し、パラメータ値を変化させながら繰り返し解析を実行することを指します。
パラメトリック解析、パラメトリックシミュレーションなどと呼ばれることもあります。

一度パラメータを設定すれば、後はソフトウェアが自動的にパラメータを更新して繰り返し計算してくれるため、効率的に多数の水準を解析することが出来ます。

パラメータ化できる数値はソフトウェアにより異なりますが、一般に次のような数値はパラメータ化できます。
・形状パラメータ(寸法など)
・境界条件の値(力荷重値など)

構造解析におけるパラメトリックスタディの例を示します。
板に空いている穴の寸法を変化させたときに、応力値がどのように変化するかを調べています。
今回は3つのパラメータセット(パラメータの組み合わせ)を用意しました。

パラメータを設定すれば、あとはソフトウェアが3つのパラメータセットに基づき、パラメータ(形状)を更新させながら自動的に解析し、得られた結果が表示されます。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSは構造、伝熱、電磁場、流体など幅広い解析のパラメトリックスタディに対応しています。
  • パラメータ化できる数値の例
    • 形状パラメータ(寸法など)
    • 材料パラメータ(ヤング率、密度など)
    • メッシュサイズ、分割数など
    • 境界条件の値(力荷重値、流速など)

関連用語

最適化


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ