CAE用語辞典二直線近似塑性 (にちょくせんきんじそせい) 【 英訳: bilinear plasticity 】

二直線近似塑性とは、塑性領域の剛性を1本の直線で近似する方法です。塑性領域の挙動を降伏応力と接線係数で定義します。接線係数をヤング率よりも大きな値にする、またはマイナスの値にすることは出来ません。
非常に定義が簡単なため、材料データが不足しているときや、簡易的な計算に使用されます。
降伏後の挙動をより正確に表現するには、多直線近似塑性を用います。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSは二直線近似による等方硬化則および移動硬化則の塑性材料定義に対応しています。

関連用語

多直線近似塑性塑性硬化則


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ

夏季休業のお知らせ:休業期間 2019年8月10日(土)〜2019年8月18日(日)、業務再開日:2019年8月19日(月)