CAE用語辞典Mullins効果 (まりんすこうか) 【 英訳: Mullins effect 】

Mullins効果(マリンス効果、マリンズ効果とも呼ばれる)は、ゴム材料に繰り返し荷重を負荷した場合に、第1サイクル載荷時に特殊な挙動を示すことを指します。

Mullins効果は、第1サイクルの経路と、第1サイクルの除荷および第2サイクル以降の経路を分けてモデル化されます。

ANSYSに搭載されているMullins効果は、下式であらわされる、「Ogdenのダメージモデル」と呼ばれるものです。下式のr,m,βが材料パラメータです。

実際に解析で用いる際は、ひずみエネルギー密度関数とあわせて使用します。

関連用語

超弾性


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ