CAE用語辞典ひずみの不変量 (ひずみのふへんりょう) 【 英訳: strain invariant 】

ひずみの不変量は、主伸長比λを用いて以下のように表されます。
上から順にひずみの第1不変量、第2不変量、第3不変量と呼びます。
一般に記号Iが用いられます。

これらの値は、どの座標系で計算しても不変であることから、不変量と呼ばれています。

ひずみの不変量は物理的には以下のように解釈されます。
・ひずみの第1不変量:長さの変化量
・ひずみの第2不変量:表面積の変化量
・ひずみの第3不変量:体積の変化量

ひずみの不変量は、超弾性材料のひずみエネルギー密度関数の定式化によく用いられています。(主伸長比が用いられる関数もあります)

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSのひずみエネルギー密度関数では、ひずみを体積変形部分とそれ以外の部分に分離し、偏差ひずみの不変量(あるいは偏差主伸張比)を用いています。
    • 偏差ひずみの不変量はIに上線をつけて表記します。同様に偏差主伸長比はλに上線をつけて表記します。

関連用語

超弾性応力の不変量体積ひずみ偏差ひずみ主伸長比


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ