CAE用語辞典非弾性ひずみ (ひだんせいひずみ) 【 英訳: inelastic strain 】

非弾性ひずみとは、物体がひずむ際に生じるエネルギーが保存されず、散逸した状態のひずみです。物体に作用していた荷重を除荷すると、弾性ひずみについては蓄積していたエネルギーが解放されて元の形状に戻りますが、非弾性ひずみは元の形状に戻りません。

代表的な非弾性ひずみとして塑性ひずみやクリープひずみが挙げられます。

非弾性ひずみの利用例として、はんだの疲労寿命解析が挙げられます。
はんだの疲労寿命の推定にはManson-Coffin則がよく用いられます。Manson-Coffin則のNfは疲労寿命で、Δεinは非弾性ひずみ増分(累積塑性+累積クリープひずみ)です。一例として、熱サイクル解析を2サイクル行い、2サイクル目の最初と最後の累積非弾性ひずみの差を2Δεinとして測定する方法があります。

一般的に使用される単位

  • 無次元量のため単位はありませんが、しばしば100を乗じて%で表されます。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSでは塑性ひずみはEPPL、クリープひずみは EPCR と略して表記されることがあります。

関連用語

塑性ひずみクリープひずみ


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ