CAE用語辞典カーブフィット (かーぶふぃっと) 【 英訳: curve fit 】

カーブフィットとは、材料試験データから材料パラメータを算出する機能のことを指します。カーブフィッティングとも呼ばれます。

超弾性や粘弾性材料などの非線形材料では、文献等に材料モデルのパラメータが記載されておらず不明なことが多くあります。このような場合に材料試験データを入力し、そのデータに良く合うようなパラメータを自動的に算出する機能がCAEソフトに備わっています。

超弾性材料のカーブフィットの例を示します。
まず、材料試験データを入力します。入力した材料試験データ例(単軸引張試験)は以下のとおりです。(他に等方二軸引張試験、せん断試験のデータを入力しています)

材料試験データ(単軸引張試験)

任意の超弾性材料モデルを選びカーブフィットすると、材料パラメータが計算されます。求めたパラメータ値で計算した応力−ひずみ曲線と、元の材料試験データの比較がグラフで表示されます。
どの程度、材料試験を再現できているか確認し、問題なければこのパラメータを解析で利用します。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSは超弾性、粘弾性、クリープ、塑性(非線形移動硬化)材料のカーブフィットに対応しています。

関連用語

超弾性粘弾性クリープ塑性


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ