解析講座 ロータダイナミクスの解析技術(第1回) ロータダイナミクスの解析アプローチとモデル化

ロータダイナミクスの解析技術(第1回 )

CAEのあるものづくり Vol.29|公開日:2019年2月

目次
  1. はじめに
  2. ロータダイナミクスの概要
  3. ANSYSにおけるロータ系のモデル化
  4. ANSYSのロータダイナミクス解析機能
  5. ANSYS解析事例
  6. おわりに

はじめに

私たちの身の回りにはターボ機械やタービンなど、回転運動を行なう様々な機械構造物があります。機械設計を行う上でCAEによる応力解析や振動解析がよく行なわれていますが、回転機械では不釣合い(アンバランス)による共振のような回転振動独自の課題が存在するため、通常の振動問題とは異なる特殊な解析方法が用いられます。ここではANSYSのロータダイナミクス(回転機械の振動問題)の解析技術をご紹介します。

ロータダイナミクスの概要

最初に回転機械の振動問題の概要を解説します。

回転機械の振動問題

回転機械の振動問題は大きく分けて4種類あります。本稿では「軸曲げ振動」について取り扱います。

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ