製品紹介 iCAD SX-Ansysインタフェースができました!

iCAD SX-Ansysインタフェースができました!

CAEのあるものづくり Vol.21|公開日:2014年9月

AnsysのモデリングツールとしてiCAD SX(以下iCAD)をご利用の方に朗報です。

本稿でご紹介するiCAD-Ansysインタフェースは、既存プロダクト「Ansys Geometry Interface for Parasolid」の機能を拡張してiCADとの連携を支援するモジュールです。

これまでiCADとAnsysは、Parasolid形式などの中間ファイルを介して形状データのやり取りが可能でしたが、形状読み込み後に材料割当や材料物性値入力といった作業が必要となるため、パーツ数が多いモデルや形状更新頻度が高い問題で、解析までに多くの工数を必要としていました。

本インタフェースは、以下の機能によりiCADとAnsysを連携させる際の作業工数を削減することができます。

iCAD-Ansysインタフェースの機能

iCADのネイティブファイル(*.icd)形式に対応

解析のために中間ファイル形式で形状データを出力する必要がありません。

iCADで設定した材料割当をAnsysに反映

iCAD上でパーツに設定した材料割当情報を…

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ