解析事例 航空機の電動化におけるシステムシミュレーションの可能性
名古屋大学 未来材料・システム研究所 主席研究員 重松 浩一 様

航空機の電動化におけるシステムシミュレーションの可能性

Ansysものづくりフォーラム Ansysものづくりフォーラム2019 講演資料|公開日:2019年11月

プログラム概要

航空機の電動化は、世界的なCO2削減要求を受けて今後ますます技術革新が期待される分野です。一方、その実現のためには、電気を中心としたパワーエレクトロニクスや、モータの技術革新が必要となっています。さらに、多くの電気・機械的負荷が混在するため、複雑な設計と信頼性の確保も同時に求められています。これらを概念設計からCAE技術を用いて評価、最適化を行うために、マルチドメインシステムのシミュレーションに加え、システムズエンジニアリングの考え方も非常に重要となります。本資料では、飛行機特有の複雑さと、3Dも含めたモデリングの重要性、それらをシステムとして活用するためのMBD、MBSEの有効性について紹介いたします。

講演資料 目次
  1. 背景
  2. 飛行機の電動化 概要
  3. 飛行機の電動化 要素技術
  4. 航空機の電動化 シミュレーション技術
    - CAE(3D、詳細な解析)
    - MBD(システムシミュレーション)
    - MBSE(システムエンジニアリング)
  5. 外部機関との連携

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ