製品紹介 ものづくりに活かすデータ分析 工場ラインセンサーデータの可視化と不良要因分析
サイバネットシステム株式会社 丹治 宏彰

ものづくりに活かすデータ分析

ANSYSものづくりフォーラム 2018 in 東京 講演資料|公開日:2018年7月

プログラム概要

IoTの活用が様々な業界で進められる中、ものづくり分野でも解析・実験・製造と大量のデータを取得・蓄積する仕組みが整ってきました。
こうしたビッグデータの有効活用が、今後の日本の製造業の競争力向上につながるといっても過言ではありません。

本講演では、製造の現場でビッグデータを活用する方法の一つとして、BIGDAT@Viewerを用いてビッグデータを可視化して全体の構造と特徴を把握し、不良要因を分析する手法をご紹介します。

使用した製品

BIGDAT@Viewer

講演資料 目次
  1. ビッグデータ分析の課題と解決
  2. ビッグデータ0次分析
  3. BIGDAT@Viewerによるマップ化とは
  4. マップの説明
  5. 0次分析・不良要因分析
  6. 簡単操作でビッグデータの構造、特徴を探査

資料サンプル

ビッグデータ0次分析 ビッグデータ0次分析
マップの説明 マップの説明
0次分析・不良要因分析 0次分析・不良要因分析
簡単操作でビッグデータの構造、特徴を探査
簡単操作でビッグデータの構造、特徴を探査

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ