CAE活用事例 樹脂成型部品における性能評価と生産性の同時評価を行う取組みに関して パナソニック 株式会社 宇野 拓 様

樹脂成型部品における性能評価と生産性の同時評価を行う取組みに関して

ANSYSものづくりフォーラム 2018 in 東京 講演資料|公開日:2018年7月

プログラム概要

近年、自動車部品には樹脂成型品を用いた製品の多用化に伴い、高い品質を満たした製品の開発が必要となっています。

自動車開発においてフロントローディング開発による樹脂成型品の事前評価が必須となっていますが、設計・生産の各部門における事前評価ポイントが異なっているため、開発プロセスの関係、試作品を作成する必要があり、製品性能と製品生産性を同時に事前評価する事が難しいのが現状です。

弊社事業部では、樹脂流動解析ソフトPlanetsXと各解析を連成させることで、設計と生産を同時評価できる仕組みの構築を進めております。本セッションでは、その内容の一端をご報告させて頂きます。

使用した製品

ANSYS Mechanical Enterprise、PlanetsX

講演資料 目次
  1. 背景
  2. 取組内容
    1. ソフトウェアの選定
    2. 成形不良発生の確認
    3. 製品強度の検証
    4. 材料違いによる検証
    5. 金型製作への検証
  3. 導入後の検証
  4. おわりに

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ