CAE活用事例 調節弁のキャビテーション解析 グローブ弁のFL値予測の取り組み
アズビル株式会社 バルブ商品開発部 吉田 貴浩 様

調節弁のキャビテーション解析

ANSYSものづくりフォーラム 2018 in 東京 講演資料|公開日:2018年7月

プログラム概要

調節弁において、キャビテーションの発生に起因する流量閉塞の程度はFL値(液体圧力回復係数)で定義されます。
これまでは、バタフライ弁やロータリー弁を対象にキャビテーションモデルを利用した流体解析によるFL値の予測が行われてきました。

一方で、流れの非定常性が強く複雑な流れ場となるグローブ弁では、キャビテーションモデルを利用した流体解析事例はほとんどありませんでした。

そこで今回、ANSYS fluent のキャビテーションモデルを利用してグローブ弁の流体解析を行い、FL値を予測しました。
本講演では、解析値と実験値の比較や、可視化したキャビテーション流れについてご紹介いたします。

使用した製品

ANSYS CFD Premium

講演資料 目次
  1. azbilグループ紹介
  2. 調整弁(グローブ弁)とキャビテーション
    • 調整弁とは
    • 調整弁のキャビテーション
    • FL値(液体圧力回復係数、Liquid pressure recovery factor)
  3. キャビテーション解析の概要と結果
    • 目的と課題
    • 解析モデルと計算条件
    • 解析結果と考察
    • 流れの可視化
  4. まとめ

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ