CAE活用事例 金属3D積層造形した多孔質インサート材による炭素系複合材と耐熱合金の異材接合 近畿大学 次世代基盤技術研究所 准教授 池庄司 敏孝 様

金属3D積層造形した多孔質インサート材による炭素系複合材と耐熱合金の異材接合

ANSYSものづくりフォーラム 2018 in 東京 講演資料|公開日:2018年7月

プログラム概要

炭素系複合材(C/C複合材、C/C-SiC、SiC/ SiCなど)と金属材料の異材接合は一般には機械的接合でなされるが、より高品位な接合継手を得るためには活性金属ろう付が有望である。

しかし、炭素系複合材と金属材料は熱膨張係数が大きく異なり、接合部に残留応力を生じるために困難である。
そこで応力緩和層として金属3D積層造形した多孔質材をインサート材にすることをANSYSを用いて検討した。

多孔質材の機械的特性をMultiscale.Simを用いて均質化法により評価し、接合継手モデルに反映させた結果について紹介する。

使用した製品

ANSYS Academic Research Mechanical、Multiscale.Sim

講演資料 目次
  1. 近畿大学次世代基盤技術研究所の紹介
  2. レーザビーム式粉体床積層造形材料の機械的特性
  3. C/C複合材料と金属材料のろう付
  4. ろう付用インサート材の積層造形
  5. まとめ

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ