解析事例 乱流モデルの使いこなし 基本のRANSから高度なLESまで
サイバネットシステム株式会社 宗 大和

乱流モデルの使いこなし

ANSYSものづくりフォーラム 2018 in 東京 講演資料|公開日:2018年7月

プログラム概要

工業分野における流れの多くは乱流であり、よりよい流体解析を行うためには、適切な乱流モデルの選択が重要です。

一方、問題とする流れ場に対してどのモデルを選べばよいのかを考えるためには、乱流現象や乱流モデルに対する知識と理解が必要です。

本セッションでは、最初に乱流現象の基礎知識や基本的な乱流モデルであるRANSモデルの考え方などについて復習した後、LESをはじめとするANSYSが提供する高度な乱流モデルについてご紹介致します。
具体的な事例なども交えつつ、各モデルの特徴や適用範囲などに触れながら、乱流モデルを選択する際の大まかな指針についても言及致します。

使用した製品

ANSYS CFD Premium、ANSYS CFD Enterprise、ANSYS Mechanical CFD、他

講演資料 目次
  1. 乱流モデルの考え方
    • RANSモデル
    • LESモデル
  2. SRSモデルの紹介
    • SRSモデルの考え方
    • SRSモデルの特徴
  3. 解析事例
    • バックステップ流れ
    • 衝突噴流
  4. まとめ

資料サンプル

RANSモデルの特徴 RANSモデルの特徴
LESモデルの特徴 LESモデルの特徴
SRSモデルの特徴 SRSモデルの特徴
解析事例:バックステップ流れ
解析事例:バックステップ流れ

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ